人気ブログランキング |

<   2019年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

遠雷

b0177891_20285070.jpg

遠雷が聞こえる。

お袋との思い出は断片的にしか覚えていない。

ただ、幼い頃に「雷が鳴ると梅雨が明けるのよ」と言っていたのを、
浅草寺のほおずき市の風景とともに覚えている。

夏が来る。












by gizankatoh | 2019-07-29 20:29 | 月鏡

贔屓のお店

b0177891_21200744.jpg
b0177891_21201623.jpg

日本橋

わーっと打ち合わせ終了。
蕎麦を手繰って帰る。

最近はどこも混雑してますね。。
贔屓の店が入りづらくなった。


室町砂場 / 日本橋室町











by gizankatoh | 2019-07-27 21:23 | よしなしごと・・・

hearty party‬

b0177891_07564540.jpg
例えば。‬

‪カフェのテラスの隣の席に‬
‪キムタクがいたらツイートしたくなりませんか。‬

‪今日、渋谷(代々木公園)にて、そんなことがありました。‬

‪hearty party‬でしよ。












by gizankatoh | 2019-07-27 07:57 | よしなしごと・・・

平将門公御神像

b0177891_07504112.jpg

神田明神に参拝し、
“平将門公御神像”を拝見して参りました。

もちろん、心穏やかにいられる訳もなく。

悔しさとも、まんじりともしない思いとも、
とうてい、神に対する崇敬の念とは相反する心持ちで、じっとその像の前に立っていました。


どれほど素晴らしい彫刻家が“その像”を作ったかは問題ではありません。
“私以外”であるという事が問題です。

不遜?傲慢?そのどれも違う。
尊敬と畏怖と信仰。

そう、この見苦しさが私だ。












by gizankatoh | 2019-07-27 07:52 | 月鏡

千年前の槌音

b0177891_21503298.jpg

「いま、運慶の一鑿が打たれた槌音が響いている」

僧侶の友人が言った言葉。

私は信じています。

心血を注ぎ、魂を込めてつくったものは千年の時空を超え、”振動”し続けている。

それは脳が認識する前に、すでに”皮膚”が知っている。












by gizankatoh | 2019-07-21 21:51 | 月鏡

霊験怪異始末 第3巻

b0177891_12282847.jpg
b0177891_12282086.jpg


この度、『霊験怪異始末 第3巻(永久保貴一 著)』に登場させていただきました。

内容も、漫画としても楽しく読ませて頂きましたが、
私のような仕事にも大変参考になります。

楽しい体験をさせて頂きました。
永久保貴一先生、ありがとうございました。













by gizankatoh | 2019-07-18 12:31 | よしなしごと・・・

彫っても彫っても

b0177891_21245332.jpg

彫っても彫っても熱は冷めない。

その衝動も情熱も。

彫っても彫っても悟ることはない。

それが私だから仕方がない。












by gizankatoh | 2019-07-13 21:25 | 月鏡

言葉・行動・現実

b0177891_05435271.jpg

発するメッセージが本当かどうかは関係ありません。


同じ言葉を繰り返すと、

人はそれに即した行動を取るようになり、

言葉が現実になるのです。












by gizankatoh | 2019-07-05 05:58 | 月鏡