人気ブログランキング |

<   2019年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

振り返るには。。。

b0177891_07454564.jpg
京都にて釈迦如来坐像の仮組み。
そして、とんぼ返り。
..................................

振り返るにはまだ早いですが、、
多くの人にご協力頂きながらやっとここまで辿り着きました。
携わって下さっている皆さん、応援して下さっている皆さんに感謝申し上げます。

これからさらに微調整して、台座、光背、截金を施し、
2020年3月11日に岩手県大槌町にお届けに参ります


思えば。。。
東日本大震災が起き、「被災地に祈りと鎮魂の仏像を届けたい」とツイッターで呼びかけ、
二人の関係は始まりました。

江戸仏師の流れを汲み、近代彫刻の技法を受け継ぐ加藤巍山。
京仏師の流れを汲み、伝統的な技法を受け継ぐ三浦耀山。

どちらかといえば、、、
私は感情型、夢想型
彼は理論型、現実型

ついつい気持ちが先行してしまう私。
挫けそうになっているところを何度も助けてもらいましたよ。
震災後、パニック症になっている私を車に乗せ、木曽の山奥に檜を買い付けに行ったり、
岩手までの道程をずっと運転してもらったり。
いつも私が泣きごとを言う係。

このプロジェクトを始めた際の約束事の中に、
「お互いに無理はしない」という項目もあったのですが、
なにしろ、この大きさの仏像ですから無理をしないことの方が無理です。


罵詈雑言や偽善者呼ばわりも何のその。
動くか動かないか迷った時は“動く”
動いてから考える。

出来ると判断しなさい。
方法は後から考える。

できないことを出来るようにするにはどうしたらいいか。
ゲラゲラ笑いながら、いつもそんな話ばかりしてます。















by gizankatoh | 2019-06-24 07:49 | 東北に仏像を

残日録


b0177891_20284593.jpg
最近。。特に最近、強く。

死ぬまでにあと何点作品を作れるだろうかと、
死ぬまでの時間を逆算ばかりしている。

現存する運慶の作品は35点。

それが一つの基準。

その一事のみが私の命の使い方になってきた。












by gizankatoh | 2019-06-22 20:29 | 月鏡

b0177891_20245965.jpg


荒魂

和魂












by gizankatoh | 2019-06-22 20:27 | 月鏡

この慈悲始終なし

b0177891_20180477.jpg

人の悲しみや痛みを他人事ではなく、
自分事のように苦しみ、寄り添いたいとも思うけれども、
世の中の悲しい出来事にこころを痛めてもどうすることもできない。


「今生に、いかにいとほし不便とおもふとも、
存知のごとく たすけがたければ、この慈悲始終なし」

どれほどかわいそうだと思っても、
思いのままに救うことはできない。。
この慈悲は完全なものではない












by gizankatoh | 2019-06-22 20:23 | 月鏡

南無

b0177891_20155898.jpeg

世界の雑音が消える。

師曰く

その物語に出会ってしまったら、
もう以前の私には戻れない。

業も、欲も、その衝動も。
悲しみも、苦しみも、その罪も。

飾ることなく、作為を持たず、はからいを捨て、
ありのまま、その身のまま、仏ににゆだねる。












by gizankatoh | 2019-06-22 20:16 | 月鏡

お疲れ様会

b0177891_05343732.jpg
先日、諸々の用事を終え、
夜は「超絶技巧展」のお疲れ様会で六本木へ。

2017年、東京の三井記念美術館からスタートして各地を巡回。
最後の会場であるあべのハルカス美術館での展示を終え、
お疲れ様でしたということで約一年半ぶりに皆んなに再会

「今まで」と「これから」とという意味においても、
私にとって「超絶技巧展」はモニュメンタルなステージになりました。

山下裕二先生の「楽しかった」という言葉が全てを物語っていたようにも思います。


思えば。。。自分が歩いていた道は王道とは程遠い道。
コンプレックスやハングリーを抱えながら這い上がろうともがいていた。

いや、それは今も。
そして、きっとこれからも。


写真を撮り忘れました。
で、お気に入りの写真。
彫刻家の前原冬樹さん、漆芸家の更谷富造さん、鋳造家の高橋賢悟くん。
撮影は彫刻家の橋下雅也さん。
/ 三井記念美術館の控え室にて












by gizankatoh | 2019-06-03 05:35 | よしなしごと・・・