<   2018年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

作品として

b0177891_21482836.jpg

樹木希林さんという役者さんが亡くなった。
まるで、自身の“死”さえも作品にしてしまったようだ。

役者として生きて、役者として生き切った。
その生き様。
凄まじいお方だ。

否、樹木希林という人が役者だったのか、
樹木希林という役者が人だったのか。。
もはや、そんなことはどうでもいい。

最後の作品は作為もない。
混ざり気もない。

かくありたいものだ。


少々、誤解を招きかねない言い方かもしれないが。。。
私は常々、表現者という生き物は
個人の幸せなどに執着するものではないと思っている。

表現者として生き、
表現者として死ぬ。
その人生を作品として生きる。

美しくとも、醜くとも、
悲しくとも、激しくとも、
剥き出しの命を作品として生き切る。

命そのものが作品になる。

せいぜい、人様の迷惑にならないように。












[PR]
by gizankatoh | 2018-09-22 21:50 | 月鏡

この場所

b0177891_07091293.jpg

自分の弱さが「雑音」になる。


どんな気持ちで目が覚めても
”この場所”はそんな私の心を定めてくれる。


私が前に進めるのは強さなどではなく
その”弱さ”だ。













[PR]
by gizankatoh | 2018-09-17 07:11 | 月鏡

b0177891_08325427.jpg

私は。。

一つ、何かを失った時に悲嘆に暮れる。

しかし、気がつくと更に大きなものを手にしている。

そうして景色が変わってゆくような気がする。


例えば…

向う岸に渡る為に筏を作る。

岸に辿り着いたらその筏は不必要になる。

しかし、その時にはそのことに気がつかず、丘に上がってさえも筏に執着する。

そしてその筏を失った時に悲嘆に暮れる。

そうしながらも独り道を歩いている時に「今はもう筏は不必要なものだった」と気がつく。


何かを手に入れる為に何かを手放すという簡単ものではなく、もっと大きな。。


そう。天の意思。













[PR]
by gizankatoh | 2018-09-16 08:35 | 月鏡