人気ブログランキング |

カテゴリ:月鏡( 298 )

残日録


b0177891_20284593.jpg
最近。。特に最近、強く。

死ぬまでにあと何点作品を作れるだろうかと、
死ぬまでの時間を逆算ばかりしている。

現存する運慶の作品は35点。

それが一つの基準。

その一事のみが私の命の使い方になってきた。












by gizankatoh | 2019-06-22 20:29 | 月鏡

b0177891_20245965.jpg


荒魂

和魂












by gizankatoh | 2019-06-22 20:27 | 月鏡

この慈悲始終なし

b0177891_20180477.jpg

人の悲しみや痛みを他人事ではなく、
自分事のように苦しみ、寄り添いたいとも思うけれども、
世の中の悲しい出来事にこころを痛めてもどうすることもできない。


「今生に、いかにいとほし不便とおもふとも、
存知のごとく たすけがたければ、この慈悲始終なし」

どれほどかわいそうだと思っても、
思いのままに救うことはできない。。
この慈悲は完全なものではない












by gizankatoh | 2019-06-22 20:23 | 月鏡

南無

b0177891_20155898.jpeg

世界の雑音が消える。

師曰く

その物語に出会ってしまったら、
もう以前の私には戻れない。

業も、欲も、その衝動も。
悲しみも、苦しみも、その罪も。

飾ることなく、作為を持たず、はからいを捨て、
ありのまま、その身のまま、仏ににゆだねる。












by gizankatoh | 2019-06-22 20:16 | 月鏡

タイムカプセル

b0177891_21213245.jpeg

建築家、デザイナーの友人が仕事場に訪ねて来てくれました。

近い未来、AIが世界を席巻し、人間に取って代わること。
宗教の世界分布が数年後にはガラリと変わること。
宗教離れ、”無宗教”と自己申告する人たち。その未来。
祖先崇拝という”概念”が世界を救うかもしれない。。という夢。

今や、3Dプリンターで建築も出来てしまう時代。
彫刻や偶像も。

素材や技術は多岐にわたり、選択肢が増える中、
私は千年以前から伝わる様式や技法を軸とし、
作品(仏像)を作り残すことが私の役割。

倫理も文化も宗教も芸術も精神も野生も。
其の歴史を終えるでしょう。

私の彫刻が人間の尊厳を宿したタイムカプセルになればいい。













by gizankatoh | 2019-05-29 21:26 | 月鏡

歎異抄 仏にわが身をゆだねよ / 釈 徹宗 著

b0177891_20380668.jpeg

尊敬する僧侶、宗教学者の釈 徹宗師の新著「歎異抄 仏にわが身をゆだねよ
思いがけず、師よりプレゼントして頂きました。

しみじみと嬉しく、有り難く存じます。
大切に読ませて頂きます。

メールでは大変嬉しいお言葉も頂戴いたしましたが、それは内緒です。

親鸞聖人の言葉は、こんな私を
時に強く、時に優しく包んでくれます。

_________________________

「弥陀の五劫思惟の願をよくよく案ずれば、ひとへに親鸞一人がためなりけり。
されば、それほどの業をもちける身にてありけるを、たすけんとおぼしめしたちける本願のかたじけなさよ」

ー 阿弥陀仏が五劫もの長い間思いをめぐらして たてられた本願をよくよく考えてみると、
それはただ、この親鸞一人をお救いくださるためであった 。

思えば、この私はそれほどに重い罪を背負う身であったのに、
救おうと思い立って下さった阿弥陀仏の本願の なんともったいないことであろうか。ー


歎異抄 仏にわが身をゆだねよ/ 釈 徹宗









by gizankatoh | 2019-05-24 20:42 | 月鏡

恐怖

b0177891_21270724.jpg

やっと正常な疲れを感じるようになりました。

ここしばらく疲れ過ぎて熟睡出来ず、
一日数回の休憩もまとも取れていませんでした。
可笑しなものですね。

私にとって”彫る”ということと”何もしない”ということは同義語のようなものなのかもしれません。


いつも綱渡りをしているような心持ち。
怖がりなだけ。。とも。
それが日々の緊張感となって前に進もうとするんでしょうね。

安心した途端、足が止まってしまうかも。
その方がよっぽど恐怖だ。












by gizankatoh | 2019-05-22 21:28 | 月鏡

命の使い方

b0177891_06552064.jpg

不思議な時間の中にいるようだ。

いろんな決別や出会いがあって、
次のフェーズへ。

やること、やるべきこと、
自分の役割が明確になって。

進むべき道、導かれる方向、
抗いようもない引力。


“命の使い方”…か












by gizankatoh | 2019-05-12 07:16 | 月鏡

御守り刀

b0177891_21105887.jpg
b0177891_21111126.jpg
b0177891_21112175.jpg
b0177891_21113034.jpg

齢五十を迎えた今、
令和年間を重要な時と見定め、
残された時間を逆算しながら
ちゃんと死ねる準備、生き切る準備をしています。

令和元年五月一日
我が魂友、刀匠の川﨑晶平師が”初鍛ちの儀”において鍛えた玉鋼で御守り刀を打って頂きます。

我が身を守る刀になるか、
我が身を滅ぼす刀になるか。

それはその生き方。。。
その真剣さ如何にかかっていますね。

今日も励みます。


刀鍛冶 川﨑晶平 晶平鍛刀道場












by gizankatoh | 2019-05-05 21:15 | 月鏡

令和元年皐月朔日

b0177891_21100538.jpg

己を純化し、滞りなく行えば、

自ずと然らしむ

はからいを捨て、その役割を全うする


『我行精進 忍終不悔』

我が行は精進にして、忍びてついに悔いじ












by gizankatoh | 2019-05-01 21:18 | 月鏡