人気ブログランキング |

土地の記憶 - アーカイブ3.11 -

b0177891_06174618.jpg
b0177891_06173239.jpg
b0177891_06181156.jpg
b0177891_06175528.jpg
b0177891_06183445.jpg
b0177891_06181940.jpg
b0177891_06171962.jpg
b0177891_06173896.jpg
b0177891_06180448.jpg
b0177891_06182805.jpg

2011年3月12日
今でもありありと思い出します。

あの戦慄した日々を。
祈るような思いでニュース映像を見ていた日々を。
毎日、放射線量の数値に怯えていた日々を。

2015年3月12日、常磐自動車道のならはPAで、
私は怖くて車から降りられなかったことを。

福島の方々は尚更。
想像に余りあります。
_________________________

憶測や風聞に惑わされないこと。
真実を見ない者程、人のせいにして足元がおぼつかない。

そして、表現者は社会を告発する前に、
自分の目で、耳で、肌で感じ、考えて欲しい。

その土地は記憶しています。

_________________________

《アーカイブ3.11》

2017年3月12日

仙台からいわき市に向かう道の途中。
常磐自動車道の浪江ICで降り、国道6号線を走って富岡町へ。

人影もなく、時折車とすれ違う。

道々には黒い袋に詰められた放射性廃棄物が積み上げられ,
強制的に時が封じ込められたような空気が張り詰めていました。













by gizankatoh | 2019-03-19 06:31 | 月鏡
<< 時を知る 生き物 >>