作品として

b0177891_21482836.jpg

樹木希林さんという役者さんが亡くなった。
まるで、自身の“死”さえも作品にしてしまったようだ。

役者として生きて、役者として生き切った。
その生き様。
凄まじいお方だ。

否、樹木希林という人が役者だったのか、
樹木希林という役者が人だったのか。。
もはや、そんなことはどうでもいい。

最後の作品は作為もない。
混ざり気もない。

かくありたいものだ。


少々、誤解を招きかねない言い方かもしれないが。。。
私は常々、表現者という生き物は
個人の幸せなどに執着するものではないと思っている。

表現者として生き、
表現者として死ぬ。
その人生を作品として生きる。

美しくとも、醜くとも、
悲しくとも、激しくとも、
剥き出しの命を作品として生き切る。

命そのものが作品になる。

せいぜい、人様の迷惑にならないように。












[PR]
by gizankatoh | 2018-09-22 21:50 | 月鏡
<< 古美術 鐘ヶ江 新装開店特別展 この場所 >>