目の眼 6月号

b0177891_20375737.jpg
b0177891_20381924.jpg


古美術・骨董の雑誌「目の眼」6月号
[現代アートの旗手たちが選んだ必見の明治工藝ベスト10]の中で、
安藤緑山の『干柿』を紹介させて頂きました。

それぞれの現代作家が選んだ作品の解説も
作家によっての視点や切り口の違いがとても興味深く、
お楽しみ頂けるかと存じます。


【驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ】は、
6月から岐阜、富山、山口、大阪の美術館に巡回します。
是非、お遊び下さい。

岐阜県現代陶芸美術館
6月30日(土)〜8月26日(日)












[PR]
by gizankatoh | 2018-05-22 20:42 | よしなしごと・・・
<< 対談 横田南嶺×阿 純章 /... 親の心子知らず・・・ >>