救い・・・

b0177891_12332428.jpg

「救い」なんて

何処に在るのでしょうか


自分を救えるのは

自分しかいませんよ












# by gizankatoh | 2016-11-12 12:35 | 月鏡

『今日 世界は死んだ もしかすると昨日かもしれない』

b0177891_19232302.jpg

杉本博司「ロストヒューマン」


今日 一日雨だった


もしかすると昨日かもしれない














# by gizankatoh | 2016-11-11 19:26 | よしなしごと・・・

名も知らぬ・・・

私は百年後を見据えて作品を制作しています。


更に夢想します。


文明が滅び、再び発見されることを。














# by gizankatoh | 2016-11-04 21:17 | 月鏡

天・・・

ごく当たり前のように「後世に残す」という思考は、
他のアーティストからするとやや奇妙な思考かも知れない。


純粋な創作衝動とは違う。


情熱や衝動や生命は”私”という個から、
後世の人という”公”へと時間とともに移行することを常に念頭とする。


時に”使命”であるとさえ思う。


私が天に期待するのではなく、
天が私に何をさせたいか。


。。と問う。














# by gizankatoh | 2016-11-04 21:09 | 月鏡

銀色の朝・・・

b0177891_07143701.jpg

雨上がりの銀色の朝

挑み続けられるというのは

幸せなことだ













# by gizankatoh | 2016-10-29 07:15 | 月鏡

オリーブオイル・・・

b0177891_21081953.jpg

親しくしているヨガの先生から頂いたスペインのオリーブオイル。

野菜たっぷりのサンドイッチにかけて美味しく頂いてます















# by gizankatoh | 2016-09-03 21:12 | よしなしごと・・・

無邪気・・・

b0177891_21453360.jpg
出来の悪い子供の頃の私は(今もですが…)、
「慰霊堂にお化けが出るんだってさ!」
「錦糸公園には沢山の死体が埋められてるんだって」
「隅田公園の桜が綺麗なのは桜の下に死体が埋まってるからなんだってよ…」
「怖ぇーーーっ!」
なんて無邪気な会話をしていたのを思い出しました。
空襲の話しを聞いても「ふーん…」てなもので・・・

長崎の親戚の叔父さんの体には火傷の痕が残っていましたが、特に思うことはありませんでした。

それらはあまりにも日常的なものだったので特別な感慨も無かったのですが、
大人になってみると、子供の頃に何気なく聞いたこと、見たこと、触れていたものが心の奥にしっかりと根を張っているものですね。

いつの間にか「祈る」ということが普通の行為になっていました。

湿っぽい話しが続いてしまいましたが、ご勘弁。












# by gizankatoh | 2016-08-16 21:48 | よしなしごと・・・

ボックスカー・・・

b0177891_12361837.jpg

終戦記念日ですね。

私の育った地域では東京大空襲の記憶があちこちに残っています。

両国の東京都慰霊堂や錦糸公園、隅田公園・・・

走り回っていた街も遊んでいた公園も。。。

空襲の話しもよく聞かされました。


ところで、原爆を投下した爆撃機の機名。

広島に原爆を投下した爆撃機「エノラ・ゲイ」はよく知られていますが、

長崎に原爆を投下した爆撃機の名前はご存知ですか?

「ボックスカー」といいます。

ほとんどの方は知らないと思いますので、この機会に覚えておいていただけるとと思います。


長崎の親戚の墓石には「昭和20年8月9日」の日付で、子供から大人まで戒名がズラリと刻まれています。

親戚の家の近くに浦上天主堂という教会があるので、泊まりに行くと必ずお祈りに行っていました。


今では、その私が仏像を彫っているというのはなんとも不可思議なご縁ですね。









# by gizankatoh | 2016-08-15 12:42 | よしなしごと・・・

夏の風景・・・

b0177891_12290739.jpg
b0177891_12301714.jpg
b0177891_12293710.jpg
b0177891_12302936.jpg












# by gizankatoh | 2016-08-14 12:31 | よしなしごと・・・

新盆、旧盆、日本橋・・・

b0177891_12192244.jpg
b0177891_12202357.jpg
b0177891_12211336.jpg
お盆休みはいかがお過ごしでしょうか。

私はと言いますと菩提寺が長崎にありますので、幼い頃より亡父の月命日やお盆は浅草の観音様にお参りに行っておりました。
両国生まれ深川育ちの江戸っ子を気取っておりますが、実のところ”なんちゃって”江戸っ子という訳です。

そんな訳でお盆はと言いますと七月の感覚があります。
七月がお盆(ご先祖様のご供養)、八月は世間様のお休み(終戦記念日)という感覚でしょうか。

七月の夕暮れ、小名木川(隅田川から東に延びる運河)に架かる橋の袂で送り火をしていた記憶が蘇ります。
今日は久しぶりに母と日本橋で待ち合わせて食事を致しました。













# by gizankatoh | 2016-08-14 12:23 | よしなしごと・・・