なりふり構わず・・・

若い時には悟ってはならない。

なりふり構わず、恥をかき、もがく。

只、生き、只、もがけ。
# by gizankatoh | 2010-11-05 10:10 | 月鏡

10.11...

今日は44歳で亡くなった父親の命日。

私が2歳の時に亡くなったので、ほとんど記憶がない。

その体温も、その背中も、手の大きさも知らない。


何も伝えてもらえなかった。。。何も教えてもらえなかった。。。と思う反面、

亡くなったからこそ、伝えてもらえた事、教えてもらえた事があるような気がする。


今日は爽やかな秋晴れ。

良い日和。
# by gizankatoh | 2010-10-11 12:36 | 月鏡

二流の感性・・・

世の中は”二流の感性”で溢れている。


「実に欲望は色とりどりで甘美であり、心に楽しく、種々のかたちで、心を攪乱する。
欲望の対象にはこの患いのあることを見て、犀の角のようにただ独り歩め。」

”ブッダのことば”より・・・


「二流の感性」は色とりどりで甘美であり、心に楽しく、種々のかたちで、心を攪乱する。。。


惑わされる事無く、自分を信じて、犀の角のようにただ独り歩め。
# by gizankatoh | 2010-10-09 09:53 | 月鏡

『自分の感受性くらい』

ぱさぱさに乾いてゆく心を
ひとのせいにはするな
みずから水やりを怠っておいて

気難かしくなってきたのを
友人のせいにはするな
しなやかさを失ったのはどちらなのか

苛立つのを
近親のせいにはするな
なにもかも下手だったのはわたくし

初心消えかかるのを
暮しのせいにはするな
そもそもが ひよわな志にすぎなかった

駄目なことの一切を
時代のせいにはするな
わずかに光る尊厳の放棄

自分の感受性くらい
自分で守れ
ばかものよ


・・・茨木のり子
# by gizankatoh | 2010-10-03 10:47 | 大切な言葉

雨月・・・

昨日は中秋

今宵は雨か・・・

「雨月」

雨の向うの月を想う


それも、また風情。。。
# by gizankatoh | 2010-09-23 12:46 | 月鏡

衰退・・・

自らの技術、表現力の至らなさを

理論や理屈で正当化する。

自らの技術、表現力を高める事は、

地道な探究心と、自らの内、外と向き合い、

退屈と思えるほどの繰り返しの作業の積み重ねを必要とする。


衰退の始まり。
# by gizankatoh | 2010-08-05 17:30 | 月鏡

non title・・・

”技術を磨く”と言う退屈な作業より

都合良く理論を構築し、

自らの表現を正当化していく事の方が容易である。

また、”知識”が自分自身の自己顕示欲を程良く満たす。
# by gizankatoh | 2010-08-01 14:18 | 月鏡

まずは、一歩・・・

恥をかきながら、次へ、そのまた次へ・・・

あれこれ思案しながら

まず、一歩踏み出す。

「自分には力が無い」とか、「力をつけてから」ではなく

一歩踏み出す。

また、次の一歩を踏み出しながら、考え、力をつけていく。

思いもよらない、壁や、大きな波に呑み込まれながら・・・

見た事のない風景に出合う。


まずは、一歩・・・それから考えよう。。。
# by gizankatoh | 2010-07-29 12:59 | 月鏡

ありがとうございました。。。

「木彫秀作展-近代から現代-」終了いたしました。

この度は、沢山の方にご高覧いただき、様々なご意見も賜りました。

ありがとうございました。

これからも、驕ることなく、謙虚に、一つ一つ励んで参ります。
# by gizankatoh | 2010-07-21 09:02 | 展覧会

木彫秀作展-近代から現代-

「木彫秀作展-近代から現代-」に作品を出品させていただきます。

高村光雲、佐藤朝山、平櫛田中・・・他、
現在活躍されている木彫作家の方々の作品が一同に会します。


会場 日本橋三越本店本館6F 美術フロア 特選画廊

会期 平成22年7月14日(水)~7月20日(火)

*7月18日(日)には在廊予定です。

皆様のお越しをお待ちしております。

日本橋三越本店「木彫秀作展」

加藤魏山 出品作品
# by gizankatoh | 2010-07-05 10:06 | 展覧会