『梅若禮三郎』

b0177891_21473805.jpeg

『芸に芸を教わるようなことじゃ駄目だよ。

お手本がなければ出来ないというようなことではあなた、それは本当の“芸”ではない。』


落語「梅若禮三郎」より













# by gizankatoh | 2017-05-05 21:50 | よしなしごと・・・

no title・・・

b0177891_21373903.jpeg

「いつか会うと思ってましたよ」って、


なんか嬉しくなる言葉だね。













# by gizankatoh | 2017-05-05 21:46 | 月鏡

仕事の進め方・・・

b0177891_21414004.jpeg


私は7:00〜20:00頃まで。

決まった時間に仕事を始め、決まった時間に休憩を取り、決まった時間に道具を置きます。

コンディションを崩さず、集中できる環境を整えやすいので長いスパンで仕事を進めるには合理的だと思っています。


作家の友人は「自分の判断に自信が持てなくなったら道具を置く」と言っていました。

これも、なるほどと得心いたしました。


また、道具を持っている時間を記録している友人もいます。

素材や表現方法、仕事の進め方はそれぞれですが、とても参考になりますね。


と言ってる間に7:30になっちゃうね。

始めますか。













# by gizankatoh | 2017-05-05 21:43 | よしなしごと・・・

御松明

b0177891_21384417.jpeg

薬師寺の花会式(修二会)


国家の繁栄と五穀豊穣、万民豊楽を祈る春の法要です。


その最終日に執り行う鬼追式のお松明を頂きました。


身体健全、家内安全。


今年一年が無事で過ごせますように。













# by gizankatoh | 2017-05-05 21:40 | よしなしごと・・・

花見・・・

b0177891_09195268.jpeg
目黒不動尊 瀧泉寺の桜


「花というのは不思議だ。。

寂しがりなんですかなぁ、この桜というものは人を呼びます。

呼ばれてまた人が花の下で浮かれるという。。。 」


落語『百年目』より











# by gizankatoh | 2017-04-06 09:25 | よしなしごと・・・

4月1日・・・

b0177891_20352275.jpeg

原発事故で福島県富岡町の全域に出されていた避難指示の大部分が解除。

先月の3月12日。
仙台からいわき市に向かう道の途中の富岡町。


人影もなく、時折車とすれ違う。
道々には黒い袋に詰められた放射性廃棄物積み上げられ、
強制的に”時間”が封じ込められたような空気が張り詰めていました。

4月1日の今日のこの日。
どうか復興の第一歩となりますように。













# by gizankatoh | 2017-04-01 20:38 | 月鏡

プレッシャー・・・

b0177891_12364894.jpeg
いつかのどら焼き(浅草 亀十)

知らないなんて人生の半分を損してますよ。
。。たぶん。

次の大きな仕事が動き始めようとしています。
これから6〜7年掛けて制作することになります。

否、すべての仕事が完結するのは10〜15年は掛かるかもしれません。
恐らく、私の仏師としての前半生を代表するような祈りの空間となることでしょう。

思考しながら絶えず手を動かしています。
プレッシャーの中にいられるというのは幸せな事です。












# by gizankatoh | 2017-03-29 12:39 | 月鏡

今際の言葉・・・

b0177891_12314269.jpeg
北斎翁の真似をする訳ではありませんが、

齢五十を前にやっと自分の彫刻。。。

ほんの少しは良い作品が出来そうな気がします。


しかし、十年後、そしてそのまた十年後も同じ事を言うのでしょう。

死ぬ間際に「あと十年くれ、そうすれば少しはまともな彫刻が作れそうだ」と宣っていそうです。

なかなか潔くは生きられませんね。












# by gizankatoh | 2017-03-29 12:35 | 月鏡

悲しみについて・・・

b0177891_18235530.jpeg
震災があってからこの6年間、毎年大槌町を訪れてきました。
被災した沿岸部の町は訪れる度にその姿も変わっていきましたが、
今回、接した方の心の有り様の変化にも気付きました。
いえ、なんとなく感じただけだったのかもしれません。

今まで「悲しみ」には触れた事はありませんでした。
触れられませんでした。

今回、江岸寺の住職が法要と鑿入れ式の前に
「鑿を入
れて、仏様に悲しい事も持って行ってもらいましょう」と参列された方々に語りかけていました。
それはとても素直な言葉のように思えてハッとしました。

住職をはじめいろんな方から地獄のような体験を伺ってきましたが、
「悲しみ」については避けていたように感じてい
たからです。

先日、書かせて頂いたお子さんとお孫さんを亡くされた方も毎年お会いして言葉を交わしてきましたが、
その事はその時に初めて聞きました。

写真は大槌町から仙台に向かう途中、立ち寄ったコンビニの駐車場から撮った空。













# by gizankatoh | 2017-03-14 18:23 | 東北に仏像を

大槌町、仙台、いわき市を後にして・・・

b0177891_18214668.jpeg
大槌町、仙台、いわき市を後にして。

「行って良かったな」って、毎回じんわり思います。

頑張らなくちゃね。












# by gizankatoh | 2017-03-12 18:21 | 東北に仏像を

東日本大震災七回忌法要と鑿入れ式

b0177891_22301512.jpeg
江岸寺仮本堂におきまして東日本大震災七回忌法要と鑿(ノミ)入れ式を執り行いました。
「鑿入れ式」とは仏様を彫る材に鑿を入れて頂き、その仏様とご縁を結んで頂く儀式です。
この度、約200名の方に鑿を入れて頂きました。

ある方が「もう一度いいですか?」とおしゃったので、
私は「何度でも大丈夫ですよ」と応えました。
その方は遠慮がちに「そうしたら…息子の分。娘の分。孫の分。。。」と小さな声でおっしゃりながら鑿を入れていました。

その方はお子さんとお孫さんを震災で失っていたのです。












# by gizankatoh | 2017-03-11 22:30 | 東北に仏像を

3月11日 2時46分 

b0177891_22264421.jpeg
2時46分 江岸寺

大槌町に響き渡るサイレンと鐘の音












# by gizankatoh | 2017-03-11 22:26 | 東北に仏像を