<   2016年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

何かを失う事は、何かを得る事・・・

b0177891_20555124.jpg


失うことを恐れてはならない

それはより大切なものを手に入れる過程


期せずして二通のメールが届いた

それはそれぞれ別の人から届いたメール

それぞれのメールは私の一つの目標についての事


画像はアイ・ウェイウェイの「ひまわりの種」












by gizankatoh | 2016-03-29 21:10

林 茂樹というアーティストについて・・・

b0177891_12423467.jpeg
b0177891_12430418.jpeg
b0177891_12415930.jpg
b0177891_12433569.jpg

先日、日本橋タカシマヤで行われている林 茂樹さんの個展にお邪魔しました。
日本の陶磁器の長い歴史の中で培われて来た技術や技法、知識を土台に
経験と研究とを重ねてアートへと昇華させたその表現には確固たる林さん独自の世界があります。

作品を構成する磁器のパーツは70以上にも上り、
焼成する際に温度を上げるタイミングや時間の管理、収縮率や釉薬の化学反応。。。すべて緻密に計算され作られています。
裏を返せば、一つ計算を間違えると作品にならないということです。

近未来的でありながら、実は日本の長い歴史や伝統に裏付けられた作品であるということ。
表層的な眼で作品と対峙するとその本質を見誤るのではないだろうか・・・
しかし、それ以上に作品の佇まいが心を惹き付けます。

林さんは日本のみならず、海外のアートフェアや展覧会への出展、
そしてその作品はパブリックコレクションとしてイギリスやフランス、イタリア等の美術館に収蔵されています。
一つ一つ目標を達成しながらも常に次のステージを目指している。


ちょっと語弊があるかもしれませんが。。。
美術の世界では王道とは言えない道から、独り道を切り拓いて歩いて来たんだと・・・
それは決して平坦な道ではない事は想像に難くない。
そんな林さんにシンパシーを感じつつ、いつもその姿を見て勇気をもらっているのです。
やはり闘っている人は匂いが違う。

悩みを含め、久しぶりにいろんな話が出来て良かった。
その場所に立たなければ見えない風景というものがあるね。。。


林 茂樹展 Unfolded Ceramics
■3月23日(水)→4月11日(月)
■6階  美術画廊X

b0177891_12443035.jpg













by gizankatoh | 2016-03-26 13:02 | 美術の話

彼岸・・・

禅の言葉なので、軽軽に踏み入ることは憚られますが、
言葉を言葉だけで理解しようとは思いません。

『己事究明』

それが引いては人の為、また孝行にも通ずると信じておりますが時折迷いが生じます。
その事が利己的で薄情にも思え、後ろめたさを覚える事があります。

修業時代、師匠には「親(師)の首を取るくらいの気概でやれ」と言われ続け、
独立した後もそれが恩返しになると思って日々励んでおります。

彼岸の只中、懇意にしている真言宗の住職より供養について「手を合わせるのも一興。手を動かすのも一興」と言われ得心致しました。
自身と向き合い、道を求める事が孝行になり恩返しになり供養になると信じてこれからも励んでゆこうと思います。

己を究明し、生き切った先に信じるものがあるような心持ちがします。

しかし、それは無くても良いのです。













by gizankatoh | 2016-03-21 13:02 | 月鏡

備忘録・・・

先日読んだ画家の諏訪 敦さんのブログの言葉に救われたんだ。。。

涙を流しながら何度も何度もその言葉を抱きしめた。

「いいから自分の絵画を続けろ。そのうちいいことあるって。」












by gizankatoh | 2016-03-18 15:15 | 月鏡

東(江戸)の仏像・・・

b0177891_21322535.jpg

「西(京)」に対する憧れと、

平安〜鎌倉仏への憧憬と、

それらを友人に指摘されました。


畏くも高村光雲翁の流れを汲む仏師の下で修業をしてきたのだから、
その自覚とともに光雲翁につながる「江戸の仏像」を改めて研究しようと思います。













by gizankatoh | 2016-03-17 21:44

丸裸・・・

作家って稼業は「生き方」を切り売りして生きてるんだね。

作品は命の断片。

生ぬるい生き方をしていれば、生ぬるい作品になる。

生き方と作品はイコール。

丸裸だ。













by gizankatoh | 2016-03-17 21:31 | 月鏡

Rie fu「Present」・・・

b0177891_21255779.jpg

自分の弱さから人と比べたり、コンプレックスだったり、
そんな自分を受け入れられなかったり・・・
そんなことでいつも独りで空回りしています。


先日、仙台からの帰路、
東北道で聴いたRie fuさんの「Present」の歌詞が心を軽くしてくれました。

『君がやるべきことは もっと大きなこと
人を気にしすぎないで 荷物は軽い方がいい』

少し素直に頑張れそうです。











by gizankatoh | 2016-03-16 21:33

森信三『終身教授録』より・・・

「わが身に降りかかってくる一切の出来事は、

自分にとっては絶対必然であると共に、また実に絶対最善である」

私自身が その根本信念において

あくまで揺るぎなく生きていきたいと思うわけです。












by gizankatoh | 2016-03-16 21:12 | 大切な言葉

no title・・・

b0177891_18322142.jpg

そう。。。


百年経てば解る













by gizankatoh | 2016-03-16 18:34

白隠禅師遠諱法要・芳澤勝弘先生講演会(満勝禅寺)・・・

b0177891_21083840.jpeg

b0177891_21244396.jpeg
b0177891_21094796.jpeg

b0177891_08301976.jpg



3月13日、仙台の満勝禅寺様にて、
白隠禅師が開かれた龍澤寺の住職 後藤榮山老大師を焼香師として白隠禅師250年遠諱法要が営まれました。

本堂には白隠禅師の高弟、遂翁禅師が描かれた白隠禅師の頂相(肖像画)が掛けられ、
満勝寺様に縁の深い寺院様方より読経がなされました。
そして、墨跡の展示と白隠研究の第一人者、芳澤勝弘先生の講演会が行われました。

大白隠展開催にご尽力され、この度のご縁を頂きました満勝寺様をはじめ、塩釜の東園寺様、皆様に喜んで頂けて胸を撫で下ろし安堵致しました。
そのお声を頂戴し努力が報われました。何より嬉しく存じます。
心より感謝申し上げます。

4月16日より東北歴史博物館、瑞巌寺宝物館の二会場において「大白隠展」が開催されます。















by gizankatoh | 2016-03-14 21:27 | よしなしごと・・・