<   2015年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

光・・・

b0177891_2114719.jpg

「合間」/ 卯野和宏


言葉より先に祈りがある。

言葉より先に美がある。


友人の卯野和宏くんの作品「合間」。

彼は”光”を描いているんだ。

この絵を観た時に、彼の”光”の謎が一つ解けた思いがした。

そして、彼の中にある新しい”光”を見た思いがした。


まるでマリア像ではないか。

この絵には祈りと慈愛の光がある。
by gizankatoh | 2015-07-20 21:19 | 美術の話

高野山・・・

b0177891_21364450.jpg

b0177891_2137793.jpg

b0177891_21373369.jpg


四月の事ですが、仕事の取材も兼ねて高野山へ参拝に上りました。


密厳院は興教大師 覚鑁の自所であった寺院。

お知り合いのお寺さんから教えて頂いた密厳院を宿と定め、

積み重ねられた歴史の息吹を感じながら、金剛峯寺、壇上伽藍、

そして弘法大師 空海が今もおわします御廟を参拝させて頂きました。


こぬか雨のそぼ降る奥の院はまるで夢の中を歩いているようでした。

その奥の院では肥前島原藩 松平家墓所もあり、思い掛けず旧主家の墓参も叶いました。
by gizankatoh | 2015-07-17 21:38 | 月鏡

心に太陽を・・・

b0177891_2046322.jpg


先週から体調が優れなかった所為もあり、

ここのところ8時に仕事場に入っていましたが、

体調も徐々に快方に向かい今日からは通常の7時に仕事場入り。


今日も暑くなりそうです。

いつも心に太陽を。

体には水分補給を忘れずに。
by gizankatoh | 2015-07-15 20:48 | よしなしごと・・・

『ものいふ花 よべの雨』に寄せて・・・

b0177891_18272929.jpg

b0177891_1827521.jpg



その物語はギャラリーYUKI-SISのあるビルの扉を開けた時から始まっていた。


”恋”

清家さんの作品を見るといつもそう思う。


”触れたい”と思う刹那、”触れられない”という切なさ。

そして小さな恋心を胸の奥にしまい込む。


それは艶があって。瑞々しさがあって。ためらいがあって。

プラトニックがあって。恥じらいがあって。切なさがある。


しかし、今回の個展を拝見させて頂いて少し戸惑った。

”恋”ではなく”母性”があった。

”今”ではなく”懐かしさ”があった。


写真家 清家正信さんの個展『ものいふ花 よべの雨』。

プラチナプリントという技法の所為なのか、郷愁を誘うような作品。

いや、技法は語彙だ。

清家さんはこの物語を紡ぎ出す”言葉”を選んだだけだ。


霞の向こうにあるモノクロームの遠い記憶。

清家さんと鑑賞者(私)の距離が時間と空間を超えてぐっと近付く。

まるで思い出話を聞くように。


微睡む女性。

濡れた花。

雨音。

若かりし頃。

母の横顔。

面影。

・・・佇む少年。


もしかしたら、清家さんはこの景色に蓋をしなければ、

今まで戦って来れなかったのではないだろうか・・・などと想像を巡らす。

そして齢を重ねた今、やっとその蓋を開けて、

それに相応しい語彙(技法)を見つけて、

少しづつ確かめるように、愛おしむように、

さらけ出すことができたのかな・・・なんて。


心がヒリリとするところもありながら心温まるとても素敵な展覧会でした。
by gizankatoh | 2015-07-12 18:38 | 展覧会

ありがとうございました...仏教井戸端トーク

b0177891_2183389.jpg

b0177891_21102127.jpg

b0177891_21104625.jpg

左より、堀 研心、無垢品宗生、佐山拓郎、増田将之、加藤巍山(敬称略)


2015年7月4日、東京目黒にある五百羅漢寺さんの本堂で行われた「仏教井戸端トーク」に登壇させて頂きました。
前回は近所のお寺さんのご住職同志による井戸端トークでしたが、今回はちょっと変化球。

五百羅漢寺住職の佐山拓郎上人と、
同じく五百羅漢寺の僧侶で学芸員の資格を持つ堀 研心上人。
そして、彫刻家で仏師の加藤巍山の三人による第3回仏教井戸端トーク「らかんさんといっしょ編」。

これからのお寺と地域との関係を大きなテーマとしながら、五百羅漢寺の歴史や地域との関わり、
文化財としての仏像と信仰の対象としての仏像の話しなど多角的な考えにも触れ、
私は仏像や造仏についてのお話しから、東日本大震災で甚大な被害を受けた岩手県大槌町のお寺さんに
ご本尊を寄付させて頂く活動(仏像奉納プロジェクト)の中で触れ合った大槌町の方々とのお話しなどをさせて頂きました。

多くの人にとって法事以外には関わりの少ないお寺。
しかし、実は仏教には「生きる知恵」がたくさん詰まっています。
複雑化し混迷を深める現代にあって、それらを紐解く大切なヒントがあります。
それは信仰とは別次元です。
これらの活動がもっともっと世の中に浸透して、お寺と人が繋がっていければと思っています。

余談ですが、五百羅漢寺さんは高村光雲と深い関わりを持つお寺であったと最近知りました。
私の師も高村光雲の流れを汲む仏師であることから、ただならぬご縁を感じました。

ありがとうございました。
by gizankatoh | 2015-07-05 21:32 | よしなしごと・・・

煙雨・・・

b0177891_2128651.jpg


比叡山延暦寺にご挨拶に伺いました。

霧雨に煙る境内。

比叡の煙雨が迎えて下さいました。
by gizankatoh | 2015-07-01 21:30 | よしなしごと・・・