<   2014年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

佐々木誠展 -皇國大道 スメラミクニノオホミチ-

b0177891_84242100.jpg

b0177891_845219.jpg


私の精神的な指針、作品の核となるものを示して下さっている佐々木 誠さんの個展が
湯島の羽黒洞で行われています。


古代から連綿と続く神への畏怖や尊厳を形にした佐々木さんの作品。
神とはかくあるものではないかと思わせるような造形と佇まい。
静かでありながらも内側から湧き出てくる圧倒的な力。

・・・破壊と創造の神、スサノヲが眠っている。
静寂の中で対峙していると大地の奥底からその息遣いが聴こえてくるようだ・・・


画像:「夜久毛多都(やくもたつ)」



佐々木誠展
-皇國大道 スメラミクニノオホミチ-

2014年3月17日(月)~3月29日(土)

羽黒洞
〒113-0034 文京区湯島4-6-11湯島ハイタウン
TEL 03-3815-0431
by gizankatoh | 2014-03-24 08:59 | 展覧会

1000の言葉よりも・・・

b0177891_183856.jpg


ニュースやネットで聞く1000の言葉より、

被災された方の何気ない一言が、

実体を持って重く、

そして内蔵をえぐるように身体に入ってくる。
by gizankatoh | 2014-03-16 18:10 | 東北に仏像を

3月11日 午後2時46分・・・

b0177891_18273971.jpg


午後2時46分 黙祷。

大槌の町にサイレンだけが鳴り響く。

静か。

ただ静か。
by gizankatoh | 2014-03-14 18:31 | 東北に仏像を

3月11日、朝の大槌湾・・・

b0177891_18245680.jpg



海鳥の鳴き声。

耳が痛くなるほど風が冷たい。


まったく穏やかで、平和で、

時間がゆったりと流れていて、

なんにも無くて、全てがあるような・・・
by gizankatoh | 2014-03-14 18:26 | 東北に仏像を

「3月11日」 という日・・・

b0177891_21341224.jpg


「漬け丼」

昨日残った刺身で宿の女将さんが作ってくれた。

朝から贅沢。


「今日をどう過ごして良いかわからない・・・

今日を特別な日にして良いもんなんだか、悪いもんだなんだか・・・」


女将さんがポツリと独りごちた。
by gizankatoh | 2014-03-14 18:23 | 東北に仏像を

ことなる それだけのふさわしいことばが あてがわれるまで

「明日、自分の命が終わる」などと考えていた人は誰一人としていなかったのではないでしょうか。。。

3月11日の事。
人には人の関わり方、向き合い方があると思います。

“忘れない”という向き合い方もあれば、
“忘れる”ことでしか向き合えない人もいます。

被災地とはほんの少ししか関わりはありませんが、
被災地に思いを寄せて、寄り添って、“忘れないで欲しい”と願っています。


作家、辺見 庸氏の言葉が胸の奥に響きました。
痛々しく、荒々しく、ザラザラとして、優しく、悲しく・・・



『わたしの死者ひとりびとりの肺に

ことなる それだけの歌をあてがえ

死者の唇ひとつひとつに

他とことなる それだけしかないことばを吸わせよ

類化しない 統べない かれやかのじょだけのことばを

百年かけて

海とその影から掬(すく)え

砂いっぱいの死者にどうかことばをあてがえ

水いっぱいの死者はそれまでどうか眠りにおちるな

石いっぱいの死者はそれまでどうか語れ

夜ふけの浜辺にあおむいて

わたしの死者よ

どうかひとりでうたえ

浜菊はまだ咲くな

畔唐菜(アゼトウナ)はまだ悼むな

わたしの死者ひとりびとりの肺に

ことなる それだけのふさわしいことばが

あてがわれるまで』


詩集「眼の海」より 辺見 庸・・・



もうすぐ3月11日。
あれから3年が経とうとしています。

決して忘れません。
by gizankatoh | 2014-03-09 21:53 | 3月11日

3月10日(月)〜12(水)岩手県大槌町に行ってまいります。

b0177891_859484.jpg



岩手県大槌町の江岸寺様にご本尊として奉納させて頂く釈迦如来坐像の原型です。

大槌町の皆さんに喜んで頂けますように。



facebook 仏像奉納プロジェクトページ
by gizankatoh | 2014-03-09 08:53 | 東北に仏像を

正道・・・

使命だとか何だとか。

役割だとか何だとか。

光雲も田中も。

運慶もミケランジェロも。

すべて足枷だ。


捕われていた。

頑なであった。


それでいて、よそ見ばかりしているから自分の道を見失っている。

ツマラナイ事に拘ってばかりいるから動けないでいる。

足下ばかりを気にしているから前に進めないでいる。

立ち止まってばかりいるから限られた時間も過ぎ去っていく。


自由を手に入れれば限られた時間でさえも永遠に変わる。

しかし、「自由」という不安定を手に入れようとすると、

自然、「重心」を探し始める。


それは私が弱いからだ。


孤高を装っていたのも弱さだった。

克己的であろうとしていたのも弱さだった。


顔を上げて空を眺めると好い。

自分を見失わず、自分を信じて、自分だけの道を歩けば良い。
by gizankatoh | 2014-03-08 11:25 | 月鏡

原型制作・・・

b0177891_1956335.jpg


b0177891_19562287.jpg



《 施無畏印 -せむいいん- 》
畏れを取り除き、人々に安心を与えることを示す右手。

《与願印 -よがんいん- 》
人々の願いを聞き入れ、望みを叶えることを示す左手。

《縵網相 -まんもうそう- 各指の間にある、鳥の水かきのような金色の膜 》
衆生を漏らさず救うことを示す。



岩手県大槌町の江岸寺様にご本尊として奉納させて頂く釈迦如来坐像の原型を制作しています。

甚大な被害をもたらした大震災と津波で亡くなられた方、
家族や親しい人、大切な人を亡くされた方・・・

被災された多くの方の心の傷を取り除き、
心安らかなる穏やかな日を迎えられるように願いを込めて
『施無畏与願印』の印相にしました。



facebook -縁-<ENISHI>仏像奉納PROJECT
by gizankatoh | 2014-03-05 19:59 | 東北に仏像を