<   2014年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

研ぎ澄まされたものに宿る神・・・

b0177891_2026527.jpg


先日、甲冑師の佐藤誠孝さんと一緒に、

刀匠の川崎晶平(あきひら)さんの工房に伺いしました。


結界を張り巡らされた道場。

その神聖な空気に足を踏み入れるのも躊躇われました。


憚り乍ら、求道者として何か相通ずるものを感じる。

熱せられ、叩かれ、鍛えられた鉄の光。


日本人の心の奥底に触れる精神。

遥か古より持ち合わせたであろう普遍的な信仰。

研ぎ澄まされたものに宿る神。

b0177891_20265650.jpg



by gizankatoh | 2014-02-23 20:32 | 月鏡

雫落つ・・・

重さに耐えきれなくなった雫がポタリと落ちるように、

引かれた弓はある瞬間離れ、矢が的に”当たる”。


”当てる”のではなく、すべての流れが一つになった時に、矢は”当たる”。

意識も身体も森羅万象、宇宙に存在する一切のものに溶け込む。

自然、放たれた矢は的に”当たる”。

是道理。


真理と呼ぶべきか。

悟りと呼ぶべきか。

研ぎ澄ませて行くと同じ核心に辿り着く。


選ぶ道も、登り方も異なるかもしれないが、

皆、同じ頂を目指している。
by gizankatoh | 2014-02-13 20:16 | 月鏡

百代の過客・・・

b0177891_19442952.jpg


関東では数十年ぶりの大雪。

雪の白に橙色が映える。

音を忘れてしまったかのように静寂が街を包む。


立春が過ぎ、気がつけば季節が移り変わろうとしている。

また一つ大切なものを置き去りにしてきた心持ちがする。

いつもそんなことを繰り返しながら時が過ぎ去る。


『月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也』

・・・芭蕉
by gizankatoh | 2014-02-09 19:49 | 月鏡