<   2012年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

NHK 「明日へ -支えあおう-」

4月29日(日)のNHK 「明日へ -支えあおう-」(毎週日曜日 午前10時05分~10時53分)で
岩手県大槌町の「江岸寺(こうがんじ)」の特集が放送されました。

江岸寺は「-縁<ENISHI>-仏像奉納プロジェクト」でご本尊を奉納させて頂く寺院です。


私の知っているご住職の良寛さんや弟の知明さんは

遠慮深く、いつも照れくさそうにニコニコとして多くを語ろうとしていませんでした。

私の方からも敢えてあれこれと話を聴きませんでした。

それでも、ポツリポツリと穏やかに話してくれた事。

体験した人のみが知っている凄まじさ、恐ろしさ・・・


改めて一人静かに聞きました。

触れられなかった話も聞く事が出来ました。

絞り出すように紡いでいた言葉に胸が詰まる思いがしました。


テレビの中でも穏やかに話されていましたが、

どれほど凄まじい時間を過ごされたのかと想像する事も出来ません。


家族を亡くされた方、愛する人を亡くされた方、親しい人を亡くされた方・・・

多くの方の気持ちをお預かりして、その気持ちを鑿に変えて仏像を彫り上げたいと思います。


b0177891_1093879.jpg

b0177891_10101880.jpg












by gizankatoh | 2012-04-28 09:03 | 東北に仏像を

アートフェア東京 2012・・・川埜龍三

b0177891_12545381.jpg



有楽町の国際フォーラムで行われている「アートフェア東京」に行って来た。

お知り合いの作家の方の作品をあちらこちらに目にしながら「原古美術店」のブースへ。


造形作家の友人、川埜龍三さんに会ったのは一年ぶり。

楽しくなって時間を忘れて話し込んでしまう。

技術的な事、内面の事、作品との対話・・・

本当に参考になる。

会うたびに刺激を受ける。

自分の中にある迷いや、余分な思考が削ぎ落とされていく。

どんどん、彼の物語に惹き込まれてしまう。

正直に言うと、作品を見るたびに「嫉妬心」を禁じえないんだ。。。

b0177891_12554889.jpg



今回も多くの刺激を受けたが、印象に残った言葉。

『作品を作っている時に、その作品の“彼”は、どんな音を聴き、どんなトーンで喋るか・・・その喋り方までもイメージする。』

その声に耳を傾け“彼”と対話する。

そうか・・・龍三さんの作品に「体温」や、「言葉を発している」と感じた事があった。

b0177891_1256483.jpg



自分はコンプレックスを背負って、その重さに腰を屈め、足元の泥濘を気にして、

言い訳をしながら歩いている。


龍三さんはコンプレックスを背負いながらも、その重さを気にも掛けず、足元の泥濘も気にせず、

イメージの向こうに向かってズンズンと歩いている。












by gizankatoh | 2012-04-01 13:03 | 美術の話