<   2011年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

12月4日、誕生日・・・

やっと、岩手県大槌町に行く日程が決まりました。

12月4~5日に釜石~大槌町です。


先日、間に入って調整して下さっている「吉祥寺」というお寺のご住職にお手紙を書きました。


自分の気持ち・・・


被害を受けていない自分は、被災された方の気持ちは心底理解はできないけれども、

少しでも、その悲しみ、苦しみに寄り添っていきたい。

そして、決して忘れません・・・って事を。


手紙を読んで下さったご住職が電話で心情を吐露してくれました。

自分も胸一杯になり、言葉に詰まってしまった。


今回の震災を受けて、自分の軸足にある「仏師」というものを自覚して、重く受け止めました。


12月4日は自分の誕生日。

これも“縁”なのかもしれないね。。。




-縁<ENISHI>-東日本 仏像奉納プロジェクト

Facebook 仏像奉納プロジェクトページ
by gizankatoh | 2011-11-27 21:04 | 東北に仏像を

人類史上、最も不幸な時代・・・

人間の「幸」、「不幸」ってなんだろう・・・

いろんな場面で、時々思うよ。

今、人は幸せなのだろうか。。。


医療が発達して寿命が延びた。

しかし、長寿が幸せとは言い切れない・・・と言う事に、何となく気付きはじめた。


身の回りにある、様々なものが便利になった。

家電製品やインフラ・・・様々な社会システム。

思想や理念。

自分自身、その恩恵に与っている。。。


便利さに人間の本来持ち合わせている能力は低下している。

運動能力や免疫力、人間として・・・動物としての生きる力。

毎日、餌を与えられているコオロギは飛べなくなるらしい。。。


また、原発事故を受けて、今の技術では原子力は手に負えない事が露顕した。

いや、もともと判っていたんだ。。。

人類は着陸する飛行場を作らずに飛行機を飛ばしてしまった。

身の丈に合った生き方を選んでいれば、

見えない恐怖に怯えながら、生命の危険と隣り合わせで生活しなければならないような事もなかったのではないか・・・



何かと引き換えに、何かを失う。

もしかしたら、人類史上、もっとも不幸で、取り返しのつかない、危うい時代に生きているのかもしれない。


そんな事を考えた。
by gizankatoh | 2011-11-24 20:16 | 月鏡

-縁- 東日本大震災 仏像奉納プロジェクト・・・

この度、多くの方にご協力を頂きまして

岩手県大槌町の寺院に仏像を奉納させて頂ける事になりました。

納めさせて頂ける寺院の名前を公表して良いとの承諾を得ているのですが、

まだ電話での確認段階なので、今現在は公表を差し控えさせて頂いています。

(*奉納させて頂ける寺院の被災が激しく、ご住職も避難生活をされている為、現在、もう一ヵ寺の寺院に調整して頂いています。)


十二月初旬には現地に入り、被災された寺院のご住職、調整して下さっている寺院のご住職とお会いし、お話しを伺って参ります。

その後、寺院名、今後の予定などを公表出来ればと思っています。



-縁<ENISHI>-東日本 仏像奉納プロジェクト

Facebook 仏像奉納プロジェクトページ
by gizankatoh | 2011-11-15 08:06 | 東北に仏像を

宝光寺 ~上棟式・・・

先日、埼玉県八潮の「大仲山 宝光寺」様の上棟式に出席させて頂きました。

少し肌寒い、秋晴れの心地良い日和。

b0177891_7412657.jpg




式が始まると、鈴の音と共に僧侶の方が入って来られ、

粛々と儀式が執り行われていく。

堂内に響き渡る声明、読経・・・

b0177891_7422588.jpg



そうして、儀式が終わり、ご住職の挨拶・・・

様々な思いでお寺を再建されたのだなぁ・・・と思っていたら、

話しの流れがご本尊の話しになり、ご住職の視線が??・・・ん?

シ・セ・ン・ガ・・・?も、もしやっ!?( ̄☐ ̄;)))


「今回、ご本尊の大日如来を彫って頂く『加藤巍山』さんです」と紹介・・・


やっぱり来たっ!

あたふたしながら、ご列席されている周りの方にご挨拶・・・かなり挙動不審。

b0177891_7481720.jpg



そして、大工さんによる上棟式。

カッコイイ♪



お食事も用意して下さいました。

浅草今半「すき焼き弁当」♪

美味しゅうございましたm(__)m

b0177891_7434964.jpg





今回、「ご本尊」を彫らせて頂ける事は、本当にありがたい。

心からそう思う。


自分一人の「作品」ではなく、

多くの方の様々な思いに支えられ、祈りを捧げ、

お寺の数百年という歴史の一ページに加えて頂き、

これから、百年、千年、万年・・・と伝えられる仏様。


改めて身の引き締まる、感慨深い思いを胸に抱きながら帰路に着きました。

この気持ちは決して忘れない。
by gizankatoh | 2011-11-13 08:10 | 月鏡

嘘つきめ・・・

いつも、鏡に映る自分に対して問い詰める。

「嘘つきめ・・・本当に成し遂げられるのか?」


心の奥を覗き込むように、

じっと、自分の眼を見つめながら応える。

「必ず成し遂げられる」


自分のような名も無い作家が背負うには荷が重過ぎるんだ。

与えられた仕事を丁寧に、こつこつとやっていれば良かったんだ・・・。

怖くなって、そんな言葉が頭を過る時がある。。。


寺院のご本尊謹刻と、個展を控える中、

現在、正式な参加が認められている訳ではないが、「観〇光」アートプロジェクトへの参加表明。

多くの方に呼び掛け、ご協力頂いている、被災地への祈りを籠めた仏像奉納プロジェクト・・・


様々な人を巻き込んで、「すみません・・・出来ませんでした。」では済まない。


必ず成し遂げなければならない。
by gizankatoh | 2011-11-07 07:44 | 月鏡