<   2011年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

常ならぬもの・・・愛おしいもの

紅葉も、桜も、その一年前に見たはずなのに、

見るたびに、その美しさに胸の奥底まで心を動かされる。


もとより、紅葉も、桜も・・・

いわんや、空も月も太陽も、

同じ、「空」、「月」、「太陽」は無く、

心のありようも違うのだから、

その時々に感動する。



釈迦は、「この世は無常である事を知り、執着するな」という。

しかし、常ならぬことは解っていても執着してしまう。

生きているもの全てが“死”に向かっている事も解っている。

・・・だからこそ美しい。


執着の中に一喜一憂してしまう人間こそ愛おしく思う。












by gizankatoh | 2011-10-17 23:08 | 月鏡

せめて、人並みに・・・

自分は彫刻を始めたのが人よりも遅く、

正式な美術教育も受けていないので、

人よりも1.5倍頑張らなければ、

人並みに為れない。


五十・・・否、六十歳になって、

やっと人様の足元に手が届けば良いと思いながらやっている。












by gizankatoh | 2011-10-08 19:54 | 月鏡

感謝・・・そして、決意

ある想いを胸に、急遽奈良へ。

b0177891_10513756.jpg


空を見上げれば、息を呑む程の美しい残陽。

夕映えが甍を染める。

目に見えない大きな力が動き出す未来を予感しているのか・・・

b0177891_10521360.jpg


「まほろば」・・・思い掛けず心の中で呟いた。

悠久という時の流れの壮大さを全身で感じながら、深呼吸。

奈良には秋が似合う。

b0177891_1053139.jpg


逢魔刻・・・三日月がうっすらと浮かんでいる。

何日目の月だろうか・・・良い月だ。


・・・吾、決意す。












by gizankatoh | 2011-10-03 11:15 | 月鏡