<   2011年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

将門・・・

関東に住んでいれば、どこかで、少なからず、「将門」と関わる事になる。

東京なんぞ、「将門の霊力」によって護られていると言っても過言ではないんじゃないかな??

神田明神、新宿の鎧神社、兜町、鳥越・・・

・・・ちなみに、自分は鳥越から蔵前橋を渡った、両国の生まれ。


「将門の首塚」と言えば「大手町」だった。

様々な逸話や、恐ろしい伝説がある事は、なんとなく知っていたが、

何かと言うと、自転車を走らせて、大手町のビルの谷間にある、「将門の首塚」へ手を合わせに行っていた。

気持ちが、スッとした。


自分と平将門との関わりは子供の頃より・・・


父の月命日には、母に連れられて、浅草の観音様にお参りに行き、

雷門をくぐって、すぐ左にある「梅林堂」さんで、「うに豆」を買い、

「尾張屋」さんで、天ぷら蕎麦をたぐり、

そのまま、神田明神へお参りに行き、

神田明神の鳥居脇にある「天野屋」さんで、「甘酒」と「納豆」を買って帰る・・・

と言うのが、子供の頃からの月に一度の習慣。
(何故か、元旦の初詣は逆のコースで、神田明神で参拝してから浅草寺へ・・・)


お不動様の縁日には、門前仲町の深川不動堂へ・・・今、考えるとめちゃくちゃだ。

何しろ・・・

門前仲町にある、深川不動堂は「成田山新勝寺」の東京別院。

新勝寺は平将門調伏の為に建立されたお寺。

神田明神は平将門をお祭りする神社。

・・・つまり、敵味方って事なのです。


なので、子供の頃から「身近な神様」として「平将門公」がいた。

それから、歴史を紐解いて行くうちに「将門」の人物像が浮かび上がり、魅了されて行った。
by gizankatoh | 2011-03-30 08:27 | よしなしごと・・・

将門の首塚

まさか・・・と耳を疑ったが、事実と知り非常に嬉しくなった。

奇跡のような縁。

埼玉に「将門の首塚」があるとは知らなかった。

b0177891_10204882.jpg



ご縁を強く感じながら・・・

白岡町の我が家から、車で30分程で到着。

幸手市にある「浄誓寺」の境内裏手にひっそりと・・・

感慨深い思いで手を合わせ・・・南無。

b0177891_10181496.jpg



自分にとっての平将門公は・・・

子供の頃よりの信仰から興味を抱き、

その人となりを知れば知るほど魅了され、

彫刻を生業とした現在、生涯を通して関わり続けたい人物なのである。


春の訪れを感じながらの、プチドライブでした♪
by gizankatoh | 2011-03-29 10:35 | よしなしごと・・・

泰然自若・・・

東日本大震災・・・

関東でも激しい揺れにより被害が出た。


しかし、現在、比較的被害の少なかった首都圏では・・・

ガソリンスタンドに列ぶ車。

スーパーで物を買い占める人達。


流言蜚語・・・

集団心理・・・


今、人間が試されている。

「頑張る」のは被災地の方達ではなく、

そう・・・私達だ。


「泰然自若」たれ・・・
by gizankatoh | 2011-03-21 08:19 | 3月11日

銀色の月・・・

あの、震災が起きてから

眠れずに、睡眠導入剤を服用している。


真っ暗になった家の吹き抜けの窓から、

月明かりが射し込んでいることに気が付いた。。


まんまるで銀色の月の光は、息を飲むほど美しかった。

少し、ザラついていた心を包み込んでくれた。



多くの方が救われますように。。。

多くの方が笑顔を取り戻せますように。。。
by gizankatoh | 2011-03-20 07:02 | 3月11日

生きている者の使命。。。

想像を絶する甚大な災害に遭い、数多くの命が奪われた。


ひとり一人の暮らし。

ひとり一人の笑顔。

ひとり一人の夢。


考えると、胸が詰まる。

涙が出てくる。。。



命を頂いた者には、生き抜いて、為すべき事がある。

それぞれの人が、生き抜いて、為すべき使命がある。
by gizankatoh | 2011-03-19 08:34 | 3月11日

出来る事・・・

命を頂いた自分に、

出来る事がある。


少しでも、その痛みを共有して、

出来る事をしよう。
by gizankatoh | 2011-03-17 11:57 | 3月11日

震災・・・

「助かったは良いが、何もかも無くなってしまった。。。

命が助かって良かったのか、悪かったのか・・・」


と言う言葉を聞いた。



命が助かって良かったですね・・・とは言えない。

頑張って・・・とは言えない。




以前・・・

「死んだ方が良かったと思うような人生を生きてきた・・・」

東京大空襲の中で、命を長らえた老婦が言っていた言葉。


何も言えない。
by gizankatoh | 2011-03-15 12:45 | 3月11日

3.11...

3月11日、午後3時前。

休憩を取ろうと道具を置いた。


地震だ・・・。


どんどん。大きくなる揺れ。

家が揺すられる。

近所では屋根瓦の崩れる家。


地震に対し「恐怖」を覚えたのは初めてかもしれない。


揺れが治まり、安心したのも束の間、

時間が経つにつれ、被害の大きさが伝わる。

東北地方では大津波に呑み込まれ街が消えた。

追い打ちを掛けるように、地震による原子力発電所の事故が発生。

固唾を飲んで、祈るような思いで経過を見守り、情報を得る。


被災地以外に住む人間の浮ついた言動。

ジャーナリストの軽率な発言。

人の命が、ただの「数字」に・・・。

心が麻痺している。



本当に祈るしか出来ない。申し訳無い。。。


一人でも多くの方の命が救われますように。
by gizankatoh | 2011-03-13 08:52 | 3月11日