<   2010年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

命の上の命

さまざまな出来事によって命を失った方。

さまざまな出来事によって人生を狂わされた方。

戦争、災害、事件、事故、病気、冤罪。。。

いつも胸をカキムシラレル。


「そんな人生があってよいものか・・・」


ふと思った。

人は愚かなのだ。

大切なものに気が付かない。

故に、それらの不幸な出来事によって「大切」に気が付く。

さまざまな不幸な出来事の犠牲者の命の上に私の命は生かされている。
by gizankatoh | 2010-03-23 14:45 | 月鏡

線。。。

日本画の命というのは”線”に尽きる

とにかく、一本の線をひくのに祈りを込めて

命懸けでひけるようにならなければ駄目だ

意味のない線を何本ひこうが

そんなところから何も見えない。


加山 又造
by gizankatoh | 2010-03-22 12:49 | 大切な言葉

ふぅぅぅ・・・・

今日、抜歯してきました。しかも二本。。。

二本抜いて、一本移植・・・「ありえない」。。。

詳しく言うと・・・

奥から二番目の歯を抜いて、一番奥の歯をそこに移植するのだと言う。。。

聞くだけで恐ろしい。。。

二十年ほど前に抜歯をされて、めちゃくちゃ痛かった経験からトラウマになっていて、

今日の治療を告げられてから、ずーーーっとブルーでしたよ・・・


で、気合いを入れて”イザッ!!”

「麻酔をガッツリ効かせて下さい!」と懇願。

麻酔を打たれてからも「感覚あります」とアピール。

「まだ、抜きませんよ~。抜くときは言いますから♪」と先生。。。

しばらくして、「ちょっと押しますね~」

麻酔を確認しているのだな??と鼻歌気分の私。

と思っていたら、ミシミシ・・・ん?抜かれてる?

で、二本目に入って。。。やっぱり、抜かれてる!!!と気付いたのでした!

先生!うまい!素敵な嘘をアリガトー!

きっと、子供の治療をする時に使っている技なんだろうな~☆って無邪気な私。。。

素晴らしい♪
by gizankatoh | 2010-03-18 15:27 | よしなしごと・・・

non title

哲学は自らのもつ苦と向き合うところから始まる

哲学の無いモノは去れ・・・か。
by gizankatoh | 2010-03-15 15:29 | 月鏡

繰り返しのネガティブ思考。。。

モデリングが終わり、石膏にして、これから木・・・

重い。。。

こんな、四角い木。。。彫れないよ。

って、いつも繰り返す、彫り始めのネガティブな思考。。。


b0177891_929628.jpg


さてさて、始めますか・・・外は良い天気
by gizankatoh | 2010-03-12 09:33 | 月鏡

意図・・・

「意図」を明快にしないと何を伝えたいのかわからない。
「意図」を出しすぎるとイヤらしくなる。

自分のような古典を題材としている作家でも、悩むところなのだ。。。
by gizankatoh | 2010-03-11 09:58 | 月鏡