カテゴリ:3月11日( 14 )

生きている者の使命。。。

想像を絶する甚大な災害に遭い、数多くの命が奪われた。


ひとり一人の暮らし。

ひとり一人の笑顔。

ひとり一人の夢。


考えると、胸が詰まる。

涙が出てくる。。。


命を頂いた者には、生き抜いて、為すべき事がある。

それぞれの人が、生き抜いて、為すべき使命がある。












by gizankatoh | 2011-03-19 08:34 | 3月11日

出来る事・・・

命を頂いた自分に、

出来る事がある。


少しでも、その痛みを共有して、

出来る事をしよう。












by gizankatoh | 2011-03-17 11:57 | 3月11日

震災・・・

「助かったは良いが、何もかも無くなってしまった。。。

命が助かって良かったのか、悪かったのか・・・」


と言う言葉を聞いた。


命が助かって良かったですね・・・とは言えない。

頑張って・・・とは言えない。


以前・・・

「死んだ方が良かったと思うような人生を生きてきた・・・」

東京大空襲の中で、命を長らえた老婦が言っていた言葉。

何も言えない。












by gizankatoh | 2011-03-15 12:45 | 3月11日

3.11...

3月11日、午後3時前。

休憩を取ろうと道具を置いた。


地震だ・・・。


どんどん。大きくなる揺れ。

家が揺すられる。

近所では屋根瓦の崩れる家。


地震に対し「恐怖」を覚えたのは初めてかもしれない。


揺れが治まり、安心したのも束の間、

時間が経つにつれ、被害の大きさが伝わる。

東北地方では大津波に呑み込まれ街が消えた。

追い打ちを掛けるように、地震による原子力発電所の事故が発生。

固唾を飲んで、祈るような思いで経過を見守り、情報を得る。


被災地以外に住む人間の浮ついた言動。

ジャーナリストの軽率な発言。

人の命が、ただの「数字」に・・・。

心が麻痺している。



本当に祈るしか出来ない。申し訳無い。。。


一人でも多くの方の命が救われますように。












by gizankatoh | 2011-03-13 08:52 | 3月11日