カテゴリ:よしなしごと・・・( 83 )

現実逃避・・・

b0177891_15255271.jpg



現在、抱えている事が自分の許容量をオーバーしてしまったようで、思考が止まってしまった。

仕事を放りだして敵前逃亡。

・・・今、出来る事、出来ない事。

・・・今、すべき事、そうでない事。

それらを整理して、目の前の事を粛々とやっていれば良いのだが・・・逃避。


b0177891_1526414.jpg



上野に行った。


「黒田記念館」

近代洋画の父ともいわれる「黒田清輝」の作品などを所蔵している。

「智・感・情」をゆっくりと鑑賞できて良かった。

公開日は週に2日。夏と冬は休館してしまう。


b0177891_1522854.jpg



黒田記念館を後にして、東京藝術大学と国立博物館の間の道を抜け、徳川家の菩提寺「寛永寺」へ参拝。

かつては、格式、規模において我国最大級の寺院としてその偉容を誇ったが、幕末の戊辰戦争、明治政府による没収など・・・

現在は上野公園に散在する堂宇により、辛うじて往時の面影を伺い知る事が出来る。


b0177891_15223934.jpg



現実逃避したは良いが・・・少し気分転換が出来たかな・・・?

明日から頑張ろう・・・












by gizankatoh | 2012-03-30 15:34 | よしなしごと・・・

「3・11 きずな展」から・・・

日曜日、日本橋高島屋で開催されている「3・11 きずな展」に行ってきました。

b0177891_20382698.jpg



『3・11 きずな展』・・・

東日本大震災で両親を失った遺児を支援するため、

美術作家123人が日本橋高島屋などで開催されているチャリティー作品展。


お世話になっている画家の伴清一郎さん、中堀慎治さん、瓜南直子さんも出品されており、

小さな作品が中心でしたが、とても見応えのある展覧会でした。


日本橋界隈もどんどん変わっていくが、いつ来ても懐かしく、心地良い。。。

b0177891_20383960.jpg



その後、五反田にある薬師寺東京別院にお伺いし

薬師寺執事 大谷徹奘師の法話を聞かせて頂き、

「‐縁‐仏像奉納プロジェクト」の今後の事なども相談させて頂きました。


法話の中で聞いた言葉・・・「常自起覚悟」

覚悟を決めたとしても、時間とともにその覚悟の心が緩んでくる。

故に、常に自分の中で覚悟を起こす。。。


なるほど・・・












by gizankatoh | 2012-03-27 20:44 | よしなしごと・・・

親の心子知らず・・・

私は、いつも守られ、恵まれている事に気が付かない馬鹿なんだ。。。



最近、お袋は私を幼子のように気遣ってくれたり、ときには小遣いを渡そうとする。

「いらないよ」と言っても「いいから」と手に握らせる。

「じゃ、これで何か食べよう」と言って一緒に食事をしたりする。

年に2~3度ほどしか会えないが、最近になって、その「甘やかされてる」感が強くなった気がする。

歳の所為だろうか・・・?などと考えたりもする。


姉に、その事を言ったら、

「幼い頃に父親を亡くして、働きに出てしまい、何処にも連れて行ってあげられなかったり、

遊んであげられなかったり・・・、母親として何もしてあげられなかった事を今でも気に病んでいる」と言われた。

少し驚いた。

自分は物心が付いた頃から“その環境”だったので、何も気にしていなかった。

手をつないで歩いた記憶もなければ、抱きしめられた記憶もない。

と言って寂しいと思った事もない。


自分がまだ小~中学生の頃には、“教師を殴った”、“同級生に怪我をさせた”、“学校のものを壊した”・・・などなど、

その度に学校に呼ばれ教師に注意されたが、母親にはキツく叱られた事はなかった。

その代り、家に帰ると兄貴に殴られた・・・


「何もしてくれなかった」などと恨めしく思った事などない。

むしろ感謝している。

本当に苦労を掛けたと思っている。

心配をさせたと思っている。


幾つになっても子供は子供、親は親。

ガキな私は何も気付かず、いまだに馬鹿なんだ。

そんな年老いた母親の気持ちを考えた・・・


もうすぐ傘壽・・・だったかな?












by gizankatoh | 2012-02-01 08:24 | よしなしごと・・・