カテゴリ:よしなしごと・・・( 88 )

ハラスメント・・・

b0177891_16215740.jpg


クリハラ(クリスマス・ハラスメント)も終わり、

そのほとぼりが冷めてホッとしていたら、

バレハラ(バレンタイン・ハラスメント)が始まった。

でも、スタバのホワイトザッハトルテは美味しかったですけどね。。。












by gizankatoh | 2016-01-30 16:24 | よしなしごと・・・

技術という語彙・・・

b0177891_20475062.jpg


敬愛する彫刻家 松田光司さんのアトリエにお邪魔しました。

松田光司さん・・・
主な作品に読売新聞東京本社前の箱根駅伝記念モニュメントや
学士會館の日本野球発祥の地モニュメント、野球殿堂のレリーフなど、
パブリックコレクションとして日本全国に30ヶ所以上設置、収蔵。


。。。私は木彫刻家なのですが、原型は粘土で制作しています。

自分のイメージを技法や技術で翻訳して作品へと昇華させます。
イメージしている形をより透明度の高いものにするためにも
木彫の技術は当然ながら、彫塑の技術も上げて行く必要があります。

”作品”と”私”との間に翻訳していく過程が増えると
イメージの純粋が失われていく恐れがあるので
それぞれの過程で”純度”を上げて行くことが肝要です。


前置きが長くなりましたが・・・
時々、彫刻のことで松田さんに相談に乗って頂いています。
松田さんにお会いするといつも思う事が、”潔い”ということです。
全く迷い無く彫刻と向き合っている姿勢を見て その都度背筋を正されます。

そんな松田さんから『もっと表現の幅が広がりますよ』と言って石膏を削る道具を頂きました。
道具というものは作家にとって大切なものです。
松田さんの情熱を受け取ったような心持ちがしてとても嬉しく思いました。

大切にします。
by gizankatoh | 2016-01-26 20:52 | よしなしごと・・・

望郷でしょうか・・・

b0177891_8252098.jpg


川風が心地好い

橋の向こうは生まれ育った町

橋のこっちは修業をした町

若い時分は浅草が大っ嫌いでしたが、

離れてみると何ですかね。。。
by gizankatoh | 2015-11-01 08:27 | よしなしごと・・・

『ラ・マンチャの男』・・・

b0177891_21161217.jpg


仕事に、人間関係に・・・

行き詰まりを覚えていた私を気遣って、

友人が外に連れ出してくれました。

『ラ・マンチャの男』千秋楽。

友に感謝。
by gizankatoh | 2015-10-29 21:23 | よしなしごと・・・

生命と生命・・・

b0177891_2127444.jpg


楠の伐採の現場に立ち会わせて頂きました。


私達の仕事というのは何百年とそこに在った生命を頂き、

新しい生命を吹き込む作業なのです。

その生命に感謝しなくてはいけません。
by gizankatoh | 2015-10-26 21:31 | よしなしごと・・・

百日紅・・・

b0177891_1775438.jpg


画家の友人、阿部清子さんに教えてもらった漫画「百日紅(サルスベリ)」。

浮世絵師、葛飾北斎を中心に描かれた人間ドラマ。


最近になって生まれ育った町と関わりの深かかったことを知り、

ますます近しく感じている北斎。

その画業にも、その生涯にも惹かれています。
by gizankatoh | 2015-10-22 17:12 | よしなしごと・・・

らかんさん・・・

b0177891_7205613.jpg


目黒の五百羅漢寺さんで行われた「仏教井戸端トーク」の事を
五百羅漢寺さんの冊子「らかんさん」に掲載して頂きましました。

五百羅漢寺さんの本堂で行われた井戸端トークは
お寺の事から仏像の事などお客さんも加わって楽しいトークとなりました。

五百羅漢寺さんが元々本所にあった事や高村光雲とも深いご縁があったことなど・・・
しみじみと感慨深いものがありました。

我が師匠が高村光雲の流れを汲む仏師であることや、
本所両国生まれの私にとって深いご縁を感じずにいられません。
by gizankatoh | 2015-10-15 07:22 | よしなしごと・・・

心に太陽を・・・

b0177891_2046322.jpg


先週から体調が優れなかった所為もあり、

ここのところ8時に仕事場に入っていましたが、

体調も徐々に快方に向かい今日からは通常の7時に仕事場入り。


今日も暑くなりそうです。

いつも心に太陽を。

体には水分補給を忘れずに。
by gizankatoh | 2015-07-15 20:48 | よしなしごと・・・

ありがとうございました...仏教井戸端トーク

b0177891_2183389.jpg

b0177891_21102127.jpg

b0177891_21104625.jpg

左より、堀 研心、無垢品宗生、佐山拓郎、増田将之、加藤巍山(敬称略)


2015年7月4日、東京目黒にある五百羅漢寺さんの本堂で行われた「仏教井戸端トーク」に登壇させて頂きました。
前回は近所のお寺さんのご住職同志による井戸端トークでしたが、今回はちょっと変化球。

五百羅漢寺住職の佐山拓郎上人と、
同じく五百羅漢寺の僧侶で学芸員の資格を持つ堀 研心上人。
そして、彫刻家で仏師の加藤巍山の三人による第3回仏教井戸端トーク「らかんさんといっしょ編」。

これからのお寺と地域との関係を大きなテーマとしながら、五百羅漢寺の歴史や地域との関わり、
文化財としての仏像と信仰の対象としての仏像の話しなど多角的な考えにも触れ、
私は仏像や造仏についてのお話しから、東日本大震災で甚大な被害を受けた岩手県大槌町のお寺さんに
ご本尊を寄付させて頂く活動(仏像奉納プロジェクト)の中で触れ合った大槌町の方々とのお話しなどをさせて頂きました。

多くの人にとって法事以外には関わりの少ないお寺。
しかし、実は仏教には「生きる知恵」がたくさん詰まっています。
複雑化し混迷を深める現代にあって、それらを紐解く大切なヒントがあります。
それは信仰とは別次元です。
これらの活動がもっともっと世の中に浸透して、お寺と人が繋がっていければと思っています。

余談ですが、五百羅漢寺さんは高村光雲と深い関わりを持つお寺であったと最近知りました。
私の師も高村光雲の流れを汲む仏師であることから、ただならぬご縁を感じました。

ありがとうございました。
by gizankatoh | 2015-07-05 21:32 | よしなしごと・・・

煙雨・・・

b0177891_2128651.jpg


比叡山延暦寺にご挨拶に伺いました。

霧雨に煙る境内。

比叡の煙雨が迎えて下さいました。
by gizankatoh | 2015-07-01 21:30 | よしなしごと・・・