カテゴリ:よしなしごと・・・( 87 )

仲蔵から妙見様、そして北斎、本所両国・・・

b0177891_21453469.jpg

辛い時、苦しい時に聴く噺があります。

『中村仲蔵』

この噺を聴いて柳嶋の妙見様を信仰するようになり、
妙見様から葛飾北斎、そして生まれ育った本所両国。
それらが一つの線でつながりました。

そして仲蔵の住んでいる町は「住吉町」という町。
現在の地図とは違うらしく今の人形町辺りらしいのですが、馴染みのある町。

この噺にいつも励まされています。
明日も頑張れそうです。












by gizankatoh | 2016-04-11 21:55 | よしなしごと・・・

『ダライ・ラマ 共苦(ニンジェ)の思想 』・・・

b0177891_20083724.jpg
『ダライ・ラマ 共苦(ニンジェ)の思想 』

宗教学者である知人の辻村優英氏が著した本。

品切れ続出で入手に難儀しました。

今度お会いする時までに読了します。













by gizankatoh | 2016-04-08 20:11 | よしなしごと・・・

白隠禅師遠諱法要・芳澤勝弘先生講演会(満勝禅寺)・・・

b0177891_21083840.jpeg

b0177891_21244396.jpeg
b0177891_21094796.jpeg

b0177891_08301976.jpg



3月13日、仙台の満勝禅寺様にて、
白隠禅師が開かれた龍澤寺の住職 後藤榮山老大師を焼香師として白隠禅師250年遠諱法要が営まれました。

本堂には白隠禅師の高弟、遂翁禅師が描かれた白隠禅師の頂相(肖像画)が掛けられ、
満勝寺様に縁の深い寺院様方より読経がなされました。
そして、墨跡の展示と白隠研究の第一人者、芳澤勝弘先生の講演会が行われました。

大白隠展開催にご尽力され、この度のご縁を頂きました満勝寺様をはじめ、塩釜の東園寺様、皆様に喜んで頂けて胸を撫で下ろし安堵致しました。
そのお声を頂戴し努力が報われました。何より嬉しく存じます。
心より感謝申し上げます。

4月16日より東北歴史博物館、瑞巌寺宝物館の二会場において「大白隠展」が開催されます。















by gizankatoh | 2016-03-14 21:27 | よしなしごと・・・

白隠禅師・・・

b0177891_12170361.jpg
b0177891_12172127.jpg


平成29年、日本臨済宗中興の祖である白隠禅師の250年遠諱を迎えます。
白隠禅師の遠諱にあたり、その肖像彫刻を制作させて頂けた事を光栄に思います。

この時期、白隠禅師と関われたことは何かのご縁だったのでしょう。
己の弱さと向き合う時のようです。

・白隠禅師遠諱法要
3月13日(日)仙台会場:満勝禅寺(仙台市青葉区柏木3-5-13)
5月11日(水)松島会場:瑞巌寺(松島町松島字町内91)
*「大白隠展」の出品作品の一部が展示されます。

・「大白隠展」
白隠禅師の墨跡書画を東日本大震災被災地で紹介し、
被災者の方々の安寧と、復興に携わる方々の活力に繋がることを念願し企画するものです。
4月16火(土)〜6月26日(日)
・東北歴史博物館(宮城県多賀城市高崎1-22-1)
・瑞巌寺宝物館(松島町松島字町内91)
二会場同時開催














by gizankatoh | 2016-03-06 12:19 | よしなしごと・・・

白隠慧鶴像納入・・・

b0177891_11523205.jpg
3月5日、仙台着

伊達氏始祖 伊達朝宗公霊牌所
「當午山 満勝禅寺」

無事、白隠慧鶴像納入させて頂きました。












by gizankatoh | 2016-03-06 11:54 | よしなしごと・・・

『力神 』愛知県芸術劇場小ホール・・・

b0177891_21075958.jpg
b0177891_21095629.jpg
b0177891_21102898.jpg

「半田・亀崎潮干祭」を通し、狂言や歌舞伎、日本舞踊など。。。
こちらのイベントで行われるトークショー(11日)に出演させて頂きます。
お時間がございましたら是非お遊び下さい。


高安勝久(能役者 / 高安流14世宗家)坂東彌十郎(歌舞伎役者)佐藤友彦・鹿島俊裕(名古屋狂言共同社)

仙波清彦(囃子方仙波流家元)福原 寛(笛)吉住会(長唄)望月正浩(歌舞伎囃子)市川櫻香(むすめ歌舞伎)

__________________________________________

嵐山光三郎(作家)織田紘二(日本芸術文化振興会顧問)馬場駿吉(名古屋ボストン美術館館長・俳人)

村瀬和子(能樂解説・詩人)加藤巍山(仏師・彫刻家)小島多恵子(サントリー文化財団)亀崎潮干祭祭人

伊藤享時(映像)坪内 浩(シューズデザイナー)鳥海雅弘(電通アートディレクター)/ 藤森條次(舞台監督)



愛知県芸術劇場小ホール
3月11日(金)〜13日(日)

11日(金) 
①亀崎「山車」組上げ 午後2時半 開演(午後1時開場) 無料/要整理券

江戸時代から亀崎の山車を愛知県芸術劇場小ホールに組上げます。開場午後1時から組上げをご覧頂けます。

午後2時46分 東日本大震災 黙祷 並びに安全祈願祭

奉納 からくり「猩々」

トーク<創造の力>  織田紘二(日本芸術文化振興会(国立劇場)顧問)/ 加藤巍山(彫刻家)/ 市川櫻香 他

②空の巻 午後6時 開演(30分前開場) 全自由席3,000円

        「祭」と遊ぶ
         囃子  仙波清彦 望月正浩
         笛    福原寛

12日(土) 
③花の巻 午後1時 開演(30分前開場) 全自由席6,000円

「浦島」からくり・舞踊

トーク<祭の周縁> 嵐山光三郎(作家) 他

●実演 潮干祭警固行列

狂言×歌舞伎「太鼓負」
太鼓負  狂言師 佐藤友彦
妻    歌舞伎 坂東彌十郎

④鳥の巻 午後4時半 開演(30分前開場) 全自由席6,000円
        
「浦島」からくり・舞踊

トーク<伝統と革新>祭をめぐって 馬場駿吉(ボストン美術館館長・俳人) 他

●実演 潮干祭警固行列

狂言×歌舞伎「太鼓負」
太鼓負  狂言師 佐藤友彦
妻    歌舞伎 坂東彌十郎

13日(日) 
⑤風の巻 子供と祭の休日 午前10時半開演(30分前開場)
                              無料/要整理券
●長唄ワークショップ「布ざらし(越後獅子)」
●からくり 「布ざらし」
●子供による歌舞伎・白浪五人男
●からくり 「傀儡師」
 応援団長/こまき山

⑥月の巻 午後1時 開演(30分前開場) 全自由席5,000円
        
●実演 潮干祭警固行列

狂言×歌舞伎「太鼓負」
太鼓負  狂言師 佐藤友彦
妻    歌舞伎 坂東彌十郎

日本の形の粋
歌舞伎役者 坂東彌十郎
小島多恵子(サントリー文化財団)
鳥海雅弘(電通アートディレクター)
         聞き手 市川櫻香

千秋楽 祝言「伊勢音頭」潮干祭 ×仙波清彦連中

【お問合せ】
日本の伝統文化をつなぐ実行委員会
 電話052-323-4499 メール info@musumekabuki.com
 〒460-0012 名古屋市中区千代田3-10-3













by gizankatoh | 2016-03-03 21:17 | よしなしごと・・・

柳嶋の妙見さま・・・

b0177891_10174154.jpg


「柳嶋の妙見様」と古くから慕われている法性寺は

多くの錦絵や噺にも取り上げられ江戸庶民の信仰を集めていました。

また葛飾北斎が篤く信仰していたことも広く知られています。


展覧会やアートフェア、また寺院の造仏など(まだ調整中のものもありますが)

重要な仕事がこれから数年にかけて続くこともあり、

それらの仕事の成功を祈念して妙見菩薩のご縁日に柳嶋の妙見様にてご祈祷をして頂きました。


柳嶋妙見山 法性寺











by gizankatoh | 2016-02-06 10:13 | よしなしごと・・・

3秒前は過去・・・

b0177891_21205784.jpg


久しぶりに深川の実家に寄って仏壇に手を合わせてきました。

帰る度に風景が変わって、まるで他所の街に来たようです。

寂しさはありません。

3秒前は過去ですから。


(*魚寅が実家ではありません…)
by gizankatoh | 2016-02-02 21:23 | よしなしごと・・・

ハラスメント・・・

b0177891_16215740.jpg


クリハラ(クリスマス・ハラスメント)も終わり、

そのほとぼりが冷めてホッとしていたら、

バレハラ(バレンタイン・ハラスメント)が始まった。

でも、スタバのホワイトザッハトルテは美味しかったですけどね。。。












by gizankatoh | 2016-01-30 16:24 | よしなしごと・・・

技術という語彙・・・

b0177891_20475062.jpg


敬愛する彫刻家 松田光司さんのアトリエにお邪魔しました。

松田光司さん・・・
主な作品に読売新聞東京本社前の箱根駅伝記念モニュメントや
学士會館の日本野球発祥の地モニュメント、野球殿堂のレリーフなど、
パブリックコレクションとして日本全国に30ヶ所以上設置、収蔵。


。。。私は木彫刻家なのですが、原型は粘土で制作しています。

自分のイメージを技法や技術で翻訳して作品へと昇華させます。
イメージしている形をより透明度の高いものにするためにも
木彫の技術は当然ながら、彫塑の技術も上げて行く必要があります。

”作品”と”私”との間に翻訳していく過程が増えると
イメージの純粋が失われていく恐れがあるので
それぞれの過程で”純度”を上げて行くことが肝要です。


前置きが長くなりましたが・・・
時々、彫刻のことで松田さんに相談に乗って頂いています。
松田さんにお会いするといつも思う事が、”潔い”ということです。
全く迷い無く彫刻と向き合っている姿勢を見て その都度背筋を正されます。

そんな松田さんから『もっと表現の幅が広がりますよ』と言って石膏を削る道具を頂きました。
道具というものは作家にとって大切なものです。
松田さんの情熱を受け取ったような心持ちがしてとても嬉しく思いました。

大切にします。
by gizankatoh | 2016-01-26 20:52 | よしなしごと・・・