カテゴリ:大切な言葉( 15 )

逢うべき人・・・

人間は一生のうち
逢うべき人には
必ず逢える

しかも一瞬早過ぎず
一瞬遅すぎない時に



森信三という哲学者の言葉。
良い出会い、素晴らしい出会い、その後の道に大きな影響を与えるような出会い。
何気ない出会いや悲しい出会いもすべてそう思います。
by gizankatoh | 2015-10-13 20:19 | 大切な言葉

情熱・・・

以前、独立した記念に知り合いの書道家の方が印を彫ってくれました。

好きな言葉は何かと訊かれ、

「情熱」と答えました。

その方は、その青臭い言葉に少々戸惑われていました。


意志と情熱を持てば、行動が変わる。

行動が変われば、未来が変わる。

そう信じています。

b0177891_783816.jpg



by gizankatoh | 2013-05-04 07:17 | 大切な言葉

ガンディーの言葉・・・

b0177891_7535490.jpg



あなたがすることのほとんどは無意味であるが

それでもしなくてはならない

そうしたことをするのは、

世界を変えるためではなく

世界によって自分が変えられないようにするためである



マハトマ・ガンディー












by gizankatoh | 2013-02-19 07:55 | 大切な言葉

マハトマ・ガンディー・・・

明日、死ぬと思って生きなさい。

永遠に生きると思って学びなさい。

幸せとは、あなたが考えることと、

あなたが言うことと、あなたがすることの、

調和が取れている状態である。

重要なのは行為そのものであって、結果ではない。

行為が実を結ぶかどうかは、

自分ではどうなるものではなく、

生きているうちにわかるとも限らない。

だが、正しいと信じることを行いなさい。

結果がどう出るにせよ、何もしなければ、何の結果もないのだ。
by gizankatoh | 2012-08-22 15:14 | 大切な言葉

小泉淳作・・・

b0177891_17203695.jpg



『賽の河原で、子供が石を積み上げるように、ただ石を積み重ねただけ。』


『美しければ良いのではなく、存在感が大切。その、存在感を引っ張り出す。』


『絵を描くと言うのは辛抱の連続である。

それも、辛抱の種を、わざわざ増やしたり、馬鹿な事を積み重ねていく。

そんな道程を経ないと自分の目指す地点に出られないのだから、仕方がないのだ。

へたばってしまう訳にはいかない。

辛抱・・・ただ、辛抱と思っている。』


『描こうとする対象を深く見つめて、その存在を確かめようとする事は、

それによって同時に自分の存在をも確かめようとする事である。

未知の世界に挑戦する時や、この世に新しい美しさを発見した時の緊張感は

自分の持つ事の出来る、もっとも貴重な時間である。

その時こそ、自分が今、生と死の接点にいるのだと言う事を理屈抜きに感じるのである。』


2012年1月9日に亡くなられた日本画家、小泉淳作氏の言葉より・・・
by gizankatoh | 2012-02-06 17:24 | 大切な言葉

『イツカ、向コウデ』

人生は長いと、ずっと思っていた。
間違っていた。おどろくほど短かった。
きみは、そのことに気付いていたか?

なせばなると、ずっと思っていた。
間違っていた。なしとげたものなんかない。
きみは、そのことに気づいていたか?

わかってくれるはずと、思っていた。
間違っていた。誰も何もわかってくれない。
きみは、そのことに気づいていたか?

ほんとうは、新しい定義が必要だったのだ。
生きること、楽しむこと、そして歳をとることの。
きみは、そのことに気づいていたか?

まっすぐに生きるべきだと、思っていた。
間違っていた。ひとは曲がった木のように生きる。
きみは、そのことに気づいていたか?

サヨウナラ、友ヨ、イツカ、向コウデ会オウ。


        長田弘 詩集「死者の贈り物」より。
by gizankatoh | 2011-07-16 10:04 | 大切な言葉

戦うよ・・・

戦うよ 戦うよ 野心の為ではなく

たとい一作でもいいから

本当の芸術を残して死にたいよ



横山大観
by gizankatoh | 2011-05-15 12:34 | 大切な言葉

トウソウシン・・・

そう・・・闘争心だ。
by gizankatoh | 2010-12-09 10:05 | 大切な言葉

『自分の感受性くらい』

ぱさぱさに乾いてゆく心を
ひとのせいにはするな
みずから水やりを怠っておいて

気難かしくなってきたのを
友人のせいにはするな
しなやかさを失ったのはどちらなのか

苛立つのを
近親のせいにはするな
なにもかも下手だったのはわたくし

初心消えかかるのを
暮しのせいにはするな
そもそもが ひよわな志にすぎなかった

駄目なことの一切を
時代のせいにはするな
わずかに光る尊厳の放棄

自分の感受性くらい
自分で守れ
ばかものよ


・・・茨木のり子
by gizankatoh | 2010-10-03 10:47 | 大切な言葉

埋もれ木。。。

「世の中を よそに見つつも うもれ木の 埋もれておらむ 心なき身は」

桜田門外の変で落命された大老井伊直弼、不遇時代の歌。


自らを花の咲くこともない埋もれ木と同じだとして、

逆境の中にあっても、

自分には「為すべき業」があると精進した。
by gizankatoh | 2010-07-02 12:41 | 大切な言葉