カテゴリ:月鏡( 254 )

pagan poetry・・・

b0177891_19551435.jpeg
異教徒の詩

世界で起こっていることはすべて正しい

何処かで風が吹けば

何処かで雨が降る

何処かで正義を振りかざせば

何処かで悲しむ人がいる

驚くべき事は何ひとつない













by gizankatoh | 2017-01-14 19:56 | 月鏡

松の内・・・

b0177891_21381655.jpg


門松は 冥土の旅の一里塚

めでたくもあり めでたくもなし














by gizankatoh | 2017-01-03 21:41 | 月鏡

怠け者・・・

b0177891_19510014.jpeg
懇意にさせて頂いている方から「怠け者」という言葉を頂いた。

大いに得心。


私は臆病だから前に進み、弱いから挑み、欲しているから
捨てる。

劣等があるからそれを克服しようとし、

死ぬことを恐れているから生きる事に執着する。


私は私の出来ない事を知っている。

私は私の弱さを知っている。


それらを受け入れ『怠け者』であることを自覚することで、

人並みに戦う事が出来る。














by gizankatoh | 2017-01-01 19:53 | 月鏡

冬至・・・

b0177891_20421675.jpeg
冬至を過ぎて

これから少しずつ日が延びる‬

‪脱皮できない蛇は滅びる‬















by gizankatoh | 2016-12-22 20:43 | 月鏡

2016年12月19日・・・

b0177891_21071921.jpeg
2016年12月19日

「賽は投げられた」

とだけ記しておこう














by gizankatoh | 2016-12-21 21:08 | 月鏡

かみつゆみはり・・・

b0177891_11533110.jpeg

銀座

弓張り月

今の私には真の孤独が必要なのかもしれない













by gizankatoh | 2016-12-10 11:58 | 月鏡

迷いの池・・・

b0177891_20132335.jpeg

12月8日は釈尊が悟りを開いた日

私は生涯、迷いの池を住処といたしましょう












by gizankatoh | 2016-12-08 20:14 | 月鏡

救い・・・

b0177891_12332428.jpg

「救い」なんて

何処に在るのでしょうか


自分を救えるのは

自分しかいませんよ












by gizankatoh | 2016-11-12 12:35 | 月鏡

名も知らぬ・・・

私は百年後を見据えて作品を制作しています。


更に夢想します。


文明が滅び、再び発見されることを。














by gizankatoh | 2016-11-04 21:17 | 月鏡

天・・・

ごく当たり前のように「後世に残す」という思考は、
他のアーティストからするとやや奇妙な思考かも知れない。


純粋な創作衝動とは違う。


情熱や衝動や生命は”私”という個から、
後世の人という”公”へと時間とともに移行することを常に念頭とする。


時に”使命”であるとさえ思う。


私が天に期待するのではなく、
天が私に何をさせたいか。


。。と問う。














by gizankatoh | 2016-11-04 21:09 | 月鏡