カテゴリ:展覧会( 17 )

琳派。そして・・・

b0177891_15354841.jpg
<月下紅白梅図> 杉本博司


先日、熱海のMOA美術館に行ってきました。

『尾形光琳300年忌 記念特別展「燕子花と紅白梅」光琳アート - 光琳と現代美術 -』

とても好かった。
光琳はなんとも言えない色香がある。


琳派の作品と同時に下村観山、速水御舟、加山又造、福田平八郎・・・
そして村上 隆さんや会田 誠さんの作品を同じ会場で観る事が出来たのは大きな収穫だった。


もう一つの目的、杉本博司さんの作品。
この時期、このタイミングで出会ったことに対して暗示的なものを感じた。

その作品と一つ、二つ言葉を交わした。
それ以上のメッセージは今の私には受け取れるだけの器量はなかった。
by gizankatoh | 2015-03-04 15:44 | 展覧会

高野山の名宝・・・

b0177891_2235814.jpg


今年に入って「八大童子」を拝見するために友人と高野山に上る計画をしていたのですが、

秋になって八人揃って東京に起こし下さいました。。。

ということで、サントリー美術館で開催されていた「高野山の名宝」展に会期中、計二回行きました。


多分、八大童子は運慶の傑作の一つに数えても差し支えないと思う。

しかし、何よりも釘付けになってしまったのは金剛峰寺西塔の本尊であった「大日如来」。

まだ、成熟していない、体系化されていない時期の御像。

不自然で稚拙な部分もあるが、それ以上に「宇宙の根源」を現すに等しい人知を越えた力を放っていた。
by gizankatoh | 2014-12-14 22:51 | 展覧会

三越日本橋本店『木彫秀作展』 御礼・・・

b0177891_71338.jpg



7月15日(火)を持ちまして、三越日本橋本店『木彫秀作展』 が終了いたしました。
期間中に在廊出来ませんでしたが、ご来場下さった皆様にはこの場をお借り致しまして心より御礼申し上げます。
ありがとうございました。
二年後の展覧会を見据えてしばらく展示を控え制作に没頭させて頂きたく存じます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

加藤 巍山 拝












by gizankatoh | 2014-07-17 07:06 | 展覧会

『- 技と和み - 木彫秀作五人展』JR名古屋タカシマヤ

b0177891_1859360.jpg


旧作中心ですが、もし宜しかったらお遊び下さい。

『- 技と和み - 木彫秀作五人展』
平成26年6月11日(水)〜17日(火)
JR名古屋タカシマヤ10階美術画廊

<出品作家>
及川 茂、加藤巍山、神保琢磨、平野千里、向吉悠睦
(敬称略・50音順)

JR名古屋タカシマヤ10階美術画廊
by gizankatoh | 2014-06-08 18:57 | 展覧会

佐々木誠展 -皇國大道 スメラミクニノオホミチ-

b0177891_84242100.jpg

b0177891_845219.jpg


私の精神的な指針、作品の核となるものを示して下さっている佐々木 誠さんの個展が
湯島の羽黒洞で行われています。


古代から連綿と続く神への畏怖や尊厳を形にした佐々木さんの作品。
神とはかくあるものではないかと思わせるような造形と佇まい。
静かでありながらも内側から湧き出てくる圧倒的な力。

・・・破壊と創造の神、スサノヲが眠っている。
静寂の中で対峙していると大地の奥底からその息遣いが聴こえてくるようだ・・・


画像:「夜久毛多都(やくもたつ)」



佐々木誠展
-皇國大道 スメラミクニノオホミチ-

2014年3月17日(月)~3月29日(土)

羽黒洞
〒113-0034 文京区湯島4-6-11湯島ハイタウン
TEL 03-3815-0431
by gizankatoh | 2014-03-24 08:59 | 展覧会

「- 技と和み - 木彫秀作5人展」終了致しました。

11月19日(火)を持ちまして、大阪タカシマヤ「- 技と和み - 木彫秀作5人展」無事終了致しました。
ご多忙にもかかわらず、ご来場下さった皆様に、この場をお借りして厚く御礼申し上げます。
ありがとうございました。

これからも怠る事無く、常に自分自身と対峙し、精進して参ります。
今後とも、よろしくお願い申し上げます。

加藤魏山
by gizankatoh | 2013-11-20 11:12 | 展覧会

日本橋三越本店『木彫秀作展』… 7/10(水)~23(火)

b0177891_20304767.jpg



日本橋三越本店で行われる『木彫秀作展』に作品「 剛 <木曾義仲> 」を出品致します。
どうぞ、お遊び下さい。


日本橋三越本店『木彫秀作展』
7月10日(水)〜23日(火)
本館6階 アートスクエア

日本の伝統的な木彫芸術の礎を築いた巨匠作家から、今後さらなる活躍が期待される俊英作家まで、秀作約20点を幅広く展観いたします。
[出品予定作家]
佐藤玄々、平櫛田中、宮本理三郎、橋本堅太郎、佐藤晃永、及川茂ほか(順不同・敬称略)
by gizankatoh | 2013-06-27 20:46 | 展覧会