カテゴリ:奈良( 4 )

北円堂・・・から「柿の日」♪

最終日・・・。

東大寺、興福寺に行きました。

b0177891_1531443.jpg



今回、興福寺の「北円堂」が特別に開扉しているとの事で、真っ先に北円堂に行きました。


運慶が彫った(とされる?)「弥勒如来」を中心に「無著」、「世親」像が安置されているのですが、

普段は観る事が出来ないので、とても貴重な機会。

b0177891_15323359.jpg



「弥勒如来」・・・なるほど、バランス、造形、丁寧な仕事。

綺麗にまとまった良い仏像。

まったく”隙”が無い。

・・・しかし、見れば、見るほど運慶「らしさ」が感じられない。


運慶は仏像によって造仏の法則がばらばらではあるのだが、その事を鑑みても違和感が残る。

さらに、感覚として「運慶の匂い」みたいな、なんとも曖昧な物差しではあるが、その「匂い」が感じられなかった。

でも、良い仏像。


あくまでも信仰の対象としての感想ではありませんよ。。。

b0177891_15434395.jpg



「無著」「世親」像は、日本の肖像彫刻では最高峰の像。

今回、観たのは三度目なのですが、観る度にその量感と表現力に驚く。

非常に良い。


像の後ろまで丁寧に作り込まれているが、違う人の「手」によるもののよう。

「弥勒如来」を始めとして「無著」、「世親」両像は「運慶工房」の仕事として見るのが妥当かと。。。

それ以上の詮索はしません。

非常に良い仕事。



東大寺ではミュージアムのみで、自分へのお土産に「誕生仏」のフィギアを購入♪

b0177891_15334361.jpg



歩いていたら「10月26日は柿の日」と言って柿を配っていたので、

柿を持っていたオジサンにまっしぐら!

b0177891_15374622.jpg


柿を貰っちゃいました♪ウレシイ♪
by gizankatoh | 2011-10-30 15:49 | 奈良

二日目・・・奈良

一日目は、京都で美術プロジェクト「観〇光」を観て、

二日目には、奈良で人とお会いしたかったのですが、調整がつかずお会いする事ができませんでした。

まだ、縁が熟していなかったんですね。

b0177891_1042759.jpg


・・・と言う事で、気を取り直して観光~♪

8割仕事のつもりが、8割遊びになってきた・・・(-_-;)


一年ぶりだね、せんとくん♪




まずは、「浄瑠璃寺」・・・

浄瑠璃寺は、とても静かで、雨上がりだったせいか、しっとりした佇まい。

門をくぐり抜けた瞬間、感嘆の声を漏らしてしまう程、とても良い風情・・・

良い意味で「枯れている」空間。

b0177891_20334070.jpg



お堂の前には池があり、池を挟んで三重塔・・・いわゆる「浄土式庭園」。

堂内には、ほのかに照らされた九躰の阿弥陀如来が安置されており、

古人の浄土への想いを伺い知るようです・・・。

街の中心部とは離れているせいか人も少なく、いつまでも そこに居たいような心地良いお寺でした。

b0177891_20434936.jpg





・・・次は、「平等院」です。

元々は関白太政大臣「藤原道長」の別荘を、息子の「藤原頼通」 が仏寺に改め「平等院」としました。

末法思想による「浄土への憧れ」なのか・・・極楽往生を願い、阿弥陀如来を安置。

阿弥陀如来の周りには「雲中供養菩薩」が飾られており、

正に西方浄土からの阿弥陀如来の来迎を具現化したような空間。

b0177891_2045539.jpg



もちろん現在は、お堂や仏像の彩色も剥落し、当時の面影も薄れているかもしれないが、

それでもその荘厳さに貴族文化の一片を垣間見、

当時のきらびやかさを想像するだけでも息を呑むような圧倒的な力と近寄り難い気品、高貴さを感じた。

やはり、平安の昔、最高の権力を掌握した人間の息吹が、まだそこに息づいているのかもしれない。

b0177891_20395346.jpg




浄瑠璃寺も平等院も浄土式庭園なのですが、それぞれの背負ってきた歴史や趣の違いを観る事が出来て面白かった。



二日目の夜は奈良のホテルの近くにある銭湯に行き、疲れた体を癒しました。

自分、長湯なんです・・・
by gizankatoh | 2011-10-28 20:49 | 奈良

奈良、続き・・・

談山神社を後にして、吉野へ・・・

秘仏の御本尊「蔵王権現立像」が特別ご開帳という事で、
吉野山の『金峯山寺』に行ってまいりました。

開基は役小角(えんのおづぬ)と伝えられ、修験道の本山である金峯山寺。
蔵王堂に安置されている7メートルを超える蔵王権現。


b0177891_1505129.jpg




今回、本堂の内陣まで入る事が出来、仰ぎ見るように近くで拝む事ができました。

長い年月、山岳信仰の聖地としての吉野山にあり、非常に心に迫るものがありました。

感動・・・



次の日は如意輪寺さんへ・・・

早朝の吉野山は、秋の気持ちの良い空気に包まれ、
朝のやさしい光を浴びながら、旅館から歩いて30分程でお寺に到着・・・


b0177891_1592152.jpg





「楠木正行」(くすのき まさつら~楠木正成の嫡男)に大変所縁のあるお寺。


・・・かねてより死を覚悟していた正行は、決戦を前に、吉野行宮に参内ののち、
如意輪堂の壁板を過去帳に見立て一族・郎党143名の名前を記して、辞世の句を如意輪寺の門扉に矢じりで彫った。。。

『かへらじと かねて思へば梓弓 なき数にいる 名をぞとどむる』・・・

と言う話の残るお寺なのです。


今後、楠木正行を題材に作品を彫りたいと思っているので、ご住職にお話しを伺いました。

その節は、ありがとうございました。


吉野は初めてでしたが、非常に良かったです。

やっぱり、奈良は良い。
by gizankatoh | 2010-12-03 15:56 | 奈良

再び、奈良へ・・・

先日、今年二度目の奈良に行ってきました。

薬師寺さんへご挨拶。

b0177891_1125145.jpg




薬師寺の玉置さんには、お忙しい中、親切に御案内して頂きまして感謝申し上げます。
また、奈良にお伺いする時には、お会いするのが楽しみです。

やっぱり、薬師寺 東院堂の聖観音さんは一番好きだ・・・


・・・次の日は、いざ「談山神社」へ。

紅葉の名所であり、「藤原鎌足公」をお祭りする神社。
武家藤原氏の流れを汲む者としては、一度は訪れたい場所。

b0177891_1133712.jpg






ちなみに・・・我、加藤家の話。。。

中世以降、美濃(現在の岐阜県)の斎藤氏、稲葉氏に仕え、
寛永元年(1624年)稲葉紀通公の代に丹波福知山藩(京都府福知山市)へ移封とともに移ったが、
家中、領民に悪政を敷き、隣国との諍いも起こした事から、
慶安元年(1648年)幕府からの咎を受け、紀通公は福知山城中にて鉄砲自殺して果て、稲葉氏も改易。
翌、慶安2年(1649年)丹波福知山藩に移封された松平忠房公に仕えた。
寛文9年(1669年)松平家の肥前島原藩(長崎県島原市)への移封とともに九州に移り、
明治維新を迎えた・・・と言うのが、加藤家の概略。

<長崎県島原市 島原図書館内『松平文庫』所蔵の分限帳(藩に所属する武士の名簿)他、
家に伝わる古文書等を参照。>


藤原氏北家-武家藤原氏略系図

-加藤氏-


紅葉の時期という事もあり、人、人、人・・・

憧れの談山神社に参拝することが出来たのですが、
本殿修理のために足場が組まれ、
権殿は覆われていました・・・残念。

また、参拝に伺います。


奈良は良い。
by gizankatoh | 2010-12-02 11:04 | 奈良