『驚異の超絶技巧!~明治工芸から現代アートへ』

b0177891_21232433.jpg
b0177891_21235339.jpg

やっとスタートラインに辿り着いたという心持ちです。
私は作品を二点出展します。

巡回しますので多くの方々に観ていただけると嬉しいです。

以下、抜粋…

明治工芸を生み出した工人たちのDNAを受け継いで、
超絶技巧プラスαの機知に富んだ現代作家の作品も多数展示します。
彼/彼女らの多くは、いまだ一般的な知名度はほとんどありませんが、
100年後、200年後にその作品がたしかに評価されるにちがいないと思います。

この展覧会では、アカデミックな美術史における評価とも、
いわゆる伝統工芸のヒエラルキーとも無縁の、明治工芸と現代作家のコラボレーションが実現します。
日本人ならではの超絶技巧のDNAがどのように引き継がれているのか、
ぜひ注視していただきたいと思います。

山下裕二氏(本展監修者、明治学院大学教授)


『驚異の超絶技巧!~明治工芸から現代アートへ』
三井記念美術館(東京)
2017年9月16日〜12月3日
岐阜県現代陶芸美術館(岐阜)
2018年6月30日〜8月26日
山口県立美術館(山口)
2018年9月7日〜10月21日
富山県水墨美術館(富山)
2018年11月16日〜2019年1月14日
あべのハルカス美術館(大阪)
2019年1月26日〜4月14日













by gizankatoh | 2017-06-30 17:00 | 展覧会
<< 道。そして、道。 置き去りにするもの・・・ >>