悲しみについて・・・

b0177891_18235530.jpeg
震災があってからこの6年間、毎年大槌町を訪れてきました。
被災した沿岸部の町は訪れる度にその姿も変わっていきましたが、
今回、接した方の心の有り様の変化にも気付きました。
いえ、なんとなく感じただけだったのかもしれません。

今まで「悲しみ」には触れた事はありませんでした。
触れられませんでした。

今回、江岸寺の住職が法要と鑿入れ式の前に
「鑿を入
れて、仏様に悲しい事も持って行ってもらいましょう」と参列された方々に語りかけていました。
それはとても素直な言葉のように思えてハッとしました。

住職をはじめいろんな方から地獄のような体験を伺ってきましたが、
「悲しみ」については避けていたように感じてい
たからです。

先日、書かせて頂いたお子さんとお孫さんを亡くされた方も毎年お会いして言葉を交わしてきましたが、
その事はその時に初めて聞きました。

写真は大槌町から仙台に向かう途中、立ち寄ったコンビニの駐車場から撮った空。













by gizankatoh | 2017-03-14 18:23 | 東北に仏像を
<< 今際の言葉・・・ 大槌町、仙台、いわき市を後にし... >>