東日本大震災七回忌法要と鑿入れ式

b0177891_22301512.jpeg
江岸寺仮本堂におきまして東日本大震災七回忌法要と鑿(ノミ)入れ式を執り行いました。
「鑿入れ式」とは仏様を彫る材に鑿を入れて頂き、その仏様とご縁を結んで頂く儀式です。
この度、約200名の方に鑿を入れて頂きました。

ある方が「もう一度いいですか?」とおしゃったので、
私は「何度でも大丈夫ですよ」と応えました。
その方は遠慮がちに「そうしたら…息子の分。娘の分。孫の分。。。」と小さな声でおっしゃりながら鑿を入れていました。

その方はお子さんとお孫さんを震災で失っていたのです。












by gizankatoh | 2017-03-11 22:30 | 東北に仏像を
<< 大槌町、仙台、いわき市を後にし... 3月11日 2時46分  >>