天・・・

ごく当たり前のように「後世に残す」という思考は、
他のアーティストからするとやや奇妙な思考かも知れない。


純粋な創作衝動とは違う。


情熱や衝動や生命は”私”という個から、
後世の人という”公”へと時間とともに移行することを常に念頭とする。


時に”使命”であるとさえ思う。


私が天に期待するのではなく、
天が私に何をさせたいか。


。。と問う。














by gizankatoh | 2016-11-04 21:09 | 月鏡
<< 名も知らぬ・・・ 銀色の朝・・・ >>