【大白隠展】

b0177891_21394227.jpg
b0177891_21402708.jpg

【大白隠展】
平成29年、日本臨済宗中興の祖である白隠禅師の250年遠諱を迎えます。
この行事は白隠禅師の墨蹟書画を東日本大震災被災地で紹介し、被災者の方々の安寧と、復興に携わる方々の活力に繋がることを念願し企画するものです。
 江戸中期の禅僧である白隠慧鶴は東海道原宿松蔭寺の住職で、公案(禅問答)を体系化し、多くの弟子を育成したことによって、臨済宗中興の祖と称えられ「五百年間出」と呼ばれています。
また、禅師は弟子の指導や信者の教化のために数万点とも言われる墨蹟書画を遺しています。
これまで、白隠墨蹟の評価は高く、海外にもその名が知られていましたが、近年は花園大学元教授芳澤勝弘先生の研究により、長年不明だった絵解きがなされるとともに、
新出の白隠墨蹟が発見されることが多くなりました。
 今回の展示は芳澤先生監修のもと、白隠禅師が活躍された沼津にて長年に亘り禅師の墨蹟を蒐集されてきた個人のコレクションを中心に、
新出資料や地元宮城で秘蔵されてきたものを併せて白隠禅師の墨蹟書画200点余を、かつてないスケールで紹介するものです。

4月16火(土)〜6月26日(日)
東北歴史博物館
瑞巌寺宝物館(青龍殿)
 二会場同時開催

・白隠禅師遠諱法要
5月11日(水) 午前11時〜 
会場:瑞巌寺


この度、制作させて頂きました白隠禅師像が遠諱法要におきまして祭壇にお祀りされ、
また大白隠展期間中、東北歴史博物館にも展示されます。
大変光栄なことです。












by gizankatoh | 2016-04-14 21:00 | 展覧会
<< 故郷・・・ 『大白隠展』準備中・・・ >>