ある患者の信条・・・

ニューヨーク州立大学病院医療センター内のロビーの壁に、

ある一人の患者が残した詩がある。


大きなことを成しとげるために
力を与えてほしいと、神に求めたのに
謙遜を学ぶようにと、弱さを授かった

より偉大なことができるようにと、健康を求めたのに
より良きことができるようにと、病弱を与えられた

幸せになろうとして、富を求めたのに、
賢明であるようにと、貧困を授かった

世の中の人々の賞賛を得ようとして、成功を求めたのに、
得意にならないようにと、失敗を授かった。

人生を享楽しようと、あらゆるものを求めたのに
あらゆることを喜べるようにと、生命を授かった

求めたものは一つとして与えられなかったが
願いはすべて聞き届けられた

神の意にそわぬものであるにもかかわらず
心の中で言い表せないものは、すべて叶えられた
私はあらゆる人の中で、もっとも豊かに祝福されたのだ


阿 純章「迷子のすすめ」より












by gizankatoh | 2015-01-18 19:57 | 月鏡
<< 呼吸・・・ 大晦日・・・ >>