秘すれば・・・

b0177891_21512953.jpg


『秘すれば花なり、秘せずば花なるべからず』

世阿弥が記した「風姿花伝」の言葉を頭の中で何度も繰り返した。


言葉として解った風を装っても胸の内まで落ちて来ない。

ただ、ピンと張り詰めた空気の中にそれを解く鍵がありそうな気がする。

削ぎ落とした、抑制された、清らかな、この緊張感が心地好い。


静寂を切り裂く掛け声、鼓、笛の音、足拍子。

刹那、時が止まる。

無音の中にすべての音があり、

静の中に絶えず動が流れている。


今の私には”幽玄”という言葉の本当の意味は解らない。

まだ、その核心には触れていない。

しかし、森羅万象がそこにあった。

宇宙がそこにあった。

神の意志、菩薩の理がそこにあった。
by gizankatoh | 2014-12-07 21:59 | 月鏡
<< 高野山の名宝・・・ 道成寺・・・ >>