確たるものの無い弱さと強さ・・・

私は確たる”線”、”面”、”形”というものを持ち合わせていない。

それらを裏付ける理論もない。

美大で教育を受けた人にとっては当然のごとく理解しているものではないだろうか。

それは血の滲むような努力の末に獲得したもの。

そんな人達に敵う訳が無い。

故に、”美大卒”というものに大きなコンプレックスを抱いている。


確たる”線”、”面”、”形”を持ち合わせていないので自分の感覚を拠り所とするしかない。

故に”美しくないもの”に対する恐怖がある。

確たる”線”、”面”、”形”が無いので美しくないものが私の中に情報として記憶され蓄積されてしまう事が非常に怖い。


ただ、「力」と「美」は別。

美しくないけれども「力」がある。

美しいけれども「力」がない。

というものも在る。

それはその「人間」に因る所が大きい。
by gizankatoh | 2014-08-10 21:46 | 月鏡
<< 『潮の匂いは』・・・ カトウ ギザンの作り方・・・? >>