男2人でパンケーキ・・・

b0177891_16285320.jpg



画家の卯野和宏さんとカフェ「コンバーション」で待ち合わせ。
男2人でパンケーキを食べながら気が付けば約3時間、途切れる事なく話しに夢中になってしまった。

「写実」と一言で言ってしまうと簡単なのだが、
その絵の奥にある物語は作家一人びとり違う。

卯野さんは卯野さんの物語を紡ぎ出した結果、
”あの”美しい絵へと辿り着くのだと理解した。

それぞれの作家がそれぞれの作品との向かい方や、
作品へと昇華させる過程がこんなにも個々人に因るものなのかと気付かされた。
極々当たり前の事のだが、その「当たり前」がとても素直に自分に入ってきた。

これから、自分の表現を探る中でとても大事な「気付き」があった。
何か、新しい扉の前に立っているような、そんな心持ちだ。

しかし、卯野さんの作品・・・「美しい」という言葉しか思いつかない。
いや、「美しい」という言葉以外必要ないかもしれない。


b0177891_1622745.jpg


卯野和宏 <陽>

卯野和宏 web-site
by gizankatoh | 2014-04-27 20:06 | 美術の話
<< 悲観と楽観、気分と意志・・・ 子供の頃のアイドル・・・ >>