桜は桜・・・

いつも和やかな心で桜を愛でることを避けている。

つい目を逸らしてしまう。

頑なになってしまう。

それは走り続けようとする闘争心に”隙”が出来てしまうことが怖いから。。

というのも一つの理由かもしれない。


そう思う一方、

「今この瞬間、風に揺れている桜の花びらはこの一瞬だけのものなのだ・・・その一期を愛おしめ」

という自分もいる。


多分・・・桜に心を許した瞬間、泣き崩れてしまいそうなのだ。


しかし、どのような心で眺めても桜は桜。

美しい。












by gizankatoh | 2014-04-06 21:07 | 月鏡
<< 3月11日以降、初めて観た”救... 佐々木誠展 -皇國大道 スメラ... >>