正道・・・

使命だとか何だとか。

役割だとか何だとか。

光雲も田中も。

運慶もミケランジェロも。

すべて足枷だ。


捕われていた。

頑なであった。


それでいて、よそ見ばかりしているから自分の道を見失っている。

ツマラナイ事に拘ってばかりいるから動けないでいる。

足下ばかりを気にしているから前に進めないでいる。

立ち止まってばかりいるから限られた時間も過ぎ去っていく。


自由を手に入れれば限られた時間でさえも永遠に変わる。

しかし、「自由」という不安定を手に入れようとすると、

自然、「重心」を探し始める。


それは私が弱いからだ。


孤高を装っていたのも弱さだった。

克己的であろうとしていたのも弱さだった。


顔を上げて空を眺めると好い。

自分を見失わず、自分を信じて、自分だけの道を歩けば良い。
by gizankatoh | 2014-03-08 11:25 | 月鏡
<< 3月10日(月)〜12(水)岩... 原型制作・・・ >>