雫落つ・・・

重さに耐えきれなくなった雫がポタリと落ちるように、

引かれた弓はある瞬間離れ、矢が的に”当たる”。


”当てる”のではなく、すべての流れが一つになった時に、矢は”当たる”。

意識も身体も森羅万象、宇宙に存在する一切のものに溶け込む。

自然、放たれた矢は的に”当たる”。

是道理。


真理と呼ぶべきか。

悟りと呼ぶべきか。

研ぎ澄ませて行くと同じ核心に辿り着く。


選ぶ道も、登り方も異なるかもしれないが、

皆、同じ頂を目指している。
by gizankatoh | 2014-02-13 20:16 | 月鏡
<< 研ぎ澄まされたものに宿る神・・・ 百代の過客・・・ >>