百代の過客・・・

b0177891_19442952.jpg


関東では数十年ぶりの大雪。

雪の白に橙色が映える。

音を忘れてしまったかのように静寂が街を包む。


立春が過ぎ、気がつけば季節が移り変わろうとしている。

また一つ大切なものを置き去りにしてきた心持ちがする。

いつもそんなことを繰り返しながら時が過ぎ去る。


『月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也』

・・・芭蕉
by gizankatoh | 2014-02-09 19:49 | 月鏡
<< 雫落つ・・・ 切れ端・・・ >>