若武者 <源 爲朝> ~みなもと の ためとも~

b0177891_10224486.jpg

b0177891_1023871.jpg


源 爲朝(みなもと の ためとも)

平安時代末期の武将。源為義の八男。
弓の名手で、九州で暴れ、鎮西八郎を称す。
保元の乱では父為義とともに崇徳上皇方に属して奮戦するが敗れ、
為朝は、その武勇を惜しまれて助命され、伊豆大島へ流される。

『吾妻鏡』にも戦場で射られた大庭景義が為朝のことを「無双の弓矢の達者」だと言うくだりがあり、
当時から世に聞こえた剛の武者であったことは確かである。

また、その剛勇ぶりにあやかって、各地に様々な伝説を遺す。


作品は、保元の乱において、白河北殿に攻め寄せる平家勢に矢を射かけようとしている場面を表現しました。



像高 : 470mm
材   : 楠

加藤 魏山 作品 Gizan KATOH Works
by gizankatoh | 2012-10-27 10:25 | 美術の話
<< 玄奘三蔵と鑑真和上・・・ エリ トア2012 5th 夏 >>