羊のように・・・

多分、私のキャパシティが不足しているのだ。


他の人なら、私の前にある壁など

羊のように軽々と飛び越えてしまうのだろう。


何でもない、誰も気にも留めないような事に煩悶としているのだ。
by gizankatoh | 2012-09-04 07:30 | 月鏡
<< 百年先・・・ やる時・・・ >>