『鑿入れ式』のご案内・・・

昨年の3月11日、震災と津波、そして激しい火災により堂宇の尽くを失った
岩手県大槌町の「江岸寺(こうがんじ)」へ奉納させて頂きます釈迦如来坐像の鑿入れ式を、
7月22日(日)に薬師寺東京別院にて行います。

薬師寺の執事、大谷徹奘師の御尽力により「江岸寺」への奉納が決まり、
去る3月11日、江岸寺にて鑿入れ式を行ってまいりました。
この度、同師の御配慮によって、薬師寺東京別院でも鑿入れ式を執り行う事となり、
鑿を入れて頂く事で多くの方が仏像と縁を結び、その想いが被災地へと紡がれていく事を大変心強く思います。

復興を願い仏像と縁を結びたいと思いを寄せて下さる方、私たちの活動に賛同して下さる方、仏像に興味のある方・・・
多くの方に仏像との縁を結んで頂きたく存じます。


*「鑿(ノミ)入れ式」とは・・・
仏像を作る際、完成の無事を祈り、深く仏像との縁をもって頂くために行う儀式です。
仏像となる用材を祭壇にまつり、合掌したのち用材の前に進み出て一鑿入れて頂く形をとっております。
これにより鑿を入れた方と仏像との間にご縁が結ばれ、
削りだした木片は仏像の御分身として常に身の回りにお持ち頂くことができます。

*鑿入れ式は大谷徹奘師の法話の後、執り行います。

*法話、鑿入れ式はどなたでも自由に参加して頂けます。


日時 : 平成24年7月22日(日)
午後1時~   : 大谷徹奘師の法話
午後2時30分~ : 鑿入れ式

場所 : 薬師寺東京別院 
東京都品川区東五反田5-15-17 (五反田駅より徒歩7分)

薬師寺東京別院 公式サイト
薬師寺 大谷徹奘 ウェブサイト


お問い合わせ 
Email : butuzohono@gmail.com


〇 画像は、今年の3月11日、江岸寺にて行われた「鑿入れ式」の様子です。

b0177891_891944.jpg
b0177891_815622.jpg


by gizankatoh | 2012-07-05 08:16 | 東北に仏像を
<< お守り袋・・・鑿入れ式 数字・・・ >>