佛師(ほとけし) 村上 清について・・・

b0177891_12382430.jpg



お互い尊敬し、切磋琢磨し合える友人って、そうそう得られるものではないよね。

二人ともまったく違うバックグラウンドを持って、違う世界を目指しながらも

同じ方向を見ているような。。。共有しているような。。。



久しぶりに仕事を離れて外出した。


佛師(ほとけし)の村上 清さんが日本橋タカシマヤで個展をやっているとの事で会いに行ってきました。


その前に腹ごしらえ・・・

天松の「かき揚げ丼」。

芝エビと貝柱がタップリ入ったかき揚げに濃いめのタレが堪らなく美味しい♪

しかもリーズナブル☆

日本橋に来ると立ち寄りたくなる。

b0177891_12363629.jpg



村上さんは平等院鳳凰堂の雲中供養菩薩の模刻や、仏像の修復、その他多くの寺院に仏像を納めている。

非常に謙虚な人だが、古典に倣い、しっかりとした技術を有し、自分のスタンス・・・“哲学”をちゃんと持っている人。

それらに裏付けられながら、“祈り”の形というものを仏像を通して素直に造形化している。

だから迷いがない。

だから言葉の一つ一つが胸に届く。

ストンと腑に落ちる。


私にも見えていたはずのものが見えていなかったのは、

先入観だったり、こねくり回した理屈だったり、或いは「欲」の所為だったと気付かされた。

b0177891_12523236.jpg



技巧的に素晴らしい作品はいくらでもある。

形だけをなぞったような作品もいくらでもある。

関心はする。

しかし、そんな作品は私の心に響かない。


村上さんの作品、世界観には哲学だったり、信念だったり、一途さだったり・・・非常に強い力を感じた。

「これなんだ」と得心した。


面白い。


また、私の見える景色が変わった。


b0177891_12525134.jpg




村上 清 ウェブサイト -佛師 hotokeshi.com-












by gizankatoh | 2012-06-26 12:54 | 美術の話
<< 今の関東の日常・・・ 特別なもの・・・ >>