パリの記憶・・・その二

b0177891_19505836.jpg



二日目からは、本格的に美術館巡り。

まずは、モンパルナスにある、「ブールデル美術館」へ。。。

大好きな彫刻家「アントワーヌ・ブールデル」のアトリエ兼住居を改装した美術館。


チケットを買おうと・・・カウンターへ行くと、


受付の女性 : 「学生ですか??」

自分 : 「いいえ」

女性 : 「26歳以下ですか?」

自分 : 「いいえ・・・」

女性 : 「んんん・・・3ユーロでイイわよ」

自分 : 「メルシー♪」


ホント、パリの人は優しい☆

美術館を一回りして、その帰り際に「自分は仏像彫刻家なんです。この度はありがとう」と言って作品の写真を差し上げた。

女性は「トレビアン☆トレビアン☆」を繰り返しながらとても喜んでくれた上に「この写真に、あなたの名前を書いて」と頼まれた。

少し恥ずかしい気持ちで名前を漢字で書いた。

また「トレビアン☆」と喜んでくれた。

嬉しい♪


途中でサンドイッチを買って、ベンチで腹ごしらえ。

ルーブルへ。
b0177891_1951174.jpg



ルーブルは一日では観切れないので、パスを買った。

サモトラケのニケやミロのビーナスは流石に人が多い。

中でもダ・ビンチの「モナリザ」は人が多過ぎて、人垣の間からチラっと見ただけだった。

隣にいた背の低いヒスパニック系のおばさんと顔を見合わせて笑ってしまった。

ルーブルは広過ぎる。

迷子になるわい・・・(-_-;)


帰りにも、初日と同じ店でケバブを買って帰った。

b0177891_19514870.jpg











by gizankatoh | 2012-05-20 19:58 | よしなしごと・・・
<< パリの記憶・・・その三 パリの記憶・・・その一 >>