疑う・・・

私は常に自分を疑う。

自分の選んだ線や面、形や表現を疑う。

揺るぎ無く自分を信じる為に疑う。


独善的にならないように、そして自己陶酔に陥らないように。

しかし、時代に阿るつもりは毛頭ない。

疑いながら、自分を肯定する文脈を構築し確認する。


以前、ある禅僧が

『悟りは迷いの池の中にある』

と言っていた。


時代の新しいや古いではなく、普遍的なものを求めて

迷い、疑いながら核心を掴む。












by gizankatoh | 2012-02-10 20:26 | 月鏡
<< 図面(原寸)・・・ スラヴ叙事詩・・・ >>