二日目・・・奈良

一日目は、京都で美術プロジェクト「観〇光」を観て、

二日目には、奈良で人とお会いしたかったのですが、調整がつかずお会いする事ができませんでした。

まだ、縁が熟していなかったんですね。

b0177891_1042759.jpg


・・・と言う事で、気を取り直して観光~♪

8割仕事のつもりが、8割遊びになってきた・・・(-_-;)


一年ぶりだね、せんとくん♪




まずは、「浄瑠璃寺」・・・

浄瑠璃寺は、とても静かで、雨上がりだったせいか、しっとりした佇まい。

門をくぐり抜けた瞬間、感嘆の声を漏らしてしまう程、とても良い風情・・・

良い意味で「枯れている」空間。

b0177891_20334070.jpg



お堂の前には池があり、池を挟んで三重塔・・・いわゆる「浄土式庭園」。

堂内には、ほのかに照らされた九躰の阿弥陀如来が安置されており、

古人の浄土への想いを伺い知るようです・・・。

街の中心部とは離れているせいか人も少なく、いつまでも そこに居たいような心地良いお寺でした。

b0177891_20434936.jpg





・・・次は、「平等院」です。

元々は関白太政大臣「藤原道長」の別荘を、息子の「藤原頼通」 が仏寺に改め「平等院」としました。

末法思想による「浄土への憧れ」なのか・・・極楽往生を願い、阿弥陀如来を安置。

阿弥陀如来の周りには「雲中供養菩薩」が飾られており、

正に西方浄土からの阿弥陀如来の来迎を具現化したような空間。

b0177891_2045539.jpg



もちろん現在は、お堂や仏像の彩色も剥落し、当時の面影も薄れているかもしれないが、

それでもその荘厳さに貴族文化の一片を垣間見、

当時のきらびやかさを想像するだけでも息を呑むような圧倒的な力と近寄り難い気品、高貴さを感じた。

やはり、平安の昔、最高の権力を掌握した人間の息吹が、まだそこに息づいているのかもしれない。

b0177891_20395346.jpg




浄瑠璃寺も平等院も浄土式庭園なのですが、それぞれの背負ってきた歴史や趣の違いを観る事が出来て面白かった。



二日目の夜は奈良のホテルの近くにある銭湯に行き、疲れた体を癒しました。

自分、長湯なんです・・・
by gizankatoh | 2011-10-28 20:49 | 奈良
<< 北円堂・・・から「柿の日」♪ 「観〇光」から・・・鰻♪ >>