『ルオーと風景』展・・・

b0177891_6364121.jpg


「郊外のキリスト」

宗教画で有名な、ジョルジュ・ルオーの風景画を中心とした展覧会、

『ルオーと風景』展を観に、汐留に行った。

大好きな画家の一人。


やわらかな光りだ・・・神の光。

慎ましやかに、生きる人々を包む光。

神々しく感じられるのは、技法や技術だけではなく、

信仰心が、あの絵の深みを生み出していると言う事を、改めて感じた。。。


以前、私の先生が「信仰心がこもると、良い仕事が出来る」と言っていた。












by gizankatoh | 2011-05-10 07:34 | 美術の話
<< 戦うよ・・・ 重さ・・・ >>