奈良、続き・・・

談山神社を後にして、吉野へ・・・

秘仏の御本尊「蔵王権現立像」が特別ご開帳という事で、
吉野山の『金峯山寺』に行ってまいりました。

開基は役小角(えんのおづぬ)と伝えられ、修験道の本山である金峯山寺。
蔵王堂に安置されている7メートルを超える蔵王権現。


b0177891_1505129.jpg




今回、本堂の内陣まで入る事が出来、仰ぎ見るように近くで拝む事ができました。

長い年月、山岳信仰の聖地としての吉野山にあり、非常に心に迫るものがありました。

感動・・・



次の日は如意輪寺さんへ・・・

早朝の吉野山は、秋の気持ちの良い空気に包まれ、
朝のやさしい光を浴びながら、旅館から歩いて30分程でお寺に到着・・・


b0177891_1592152.jpg





「楠木正行」(くすのき まさつら~楠木正成の嫡男)に大変所縁のあるお寺。


・・・かねてより死を覚悟していた正行は、決戦を前に、吉野行宮に参内ののち、
如意輪堂の壁板を過去帳に見立て一族・郎党143名の名前を記して、辞世の句を如意輪寺の門扉に矢じりで彫った。。。

『かへらじと かねて思へば梓弓 なき数にいる 名をぞとどむる』・・・

と言う話の残るお寺なのです。


今後、楠木正行を題材に作品を彫りたいと思っているので、ご住職にお話しを伺いました。

その節は、ありがとうございました。


吉野は初めてでしたが、非常に良かったです。

やっぱり、奈良は良い。
by gizankatoh | 2010-12-03 15:56 | 奈良
<< トウソウシン・・・ 再び、奈良へ・・・ >>