二流の感性・・・

世の中は”二流の感性”で溢れている。


「実に欲望は色とりどりで甘美であり、心に楽しく、種々のかたちで、心を攪乱する。
欲望の対象にはこの患いのあることを見て、犀の角のようにただ独り歩め。」

”ブッダのことば”より・・・


「二流の感性」は色とりどりで甘美であり、心に楽しく、種々のかたちで、心を攪乱する。。。


惑わされる事無く、自分を信じて、犀の角のようにただ独り歩め。
by gizankatoh | 2010-10-09 09:53 | 月鏡
<< 10.11... 『自分の感受性くらい』 >>